「獺祭」タグアーカイブ

ダサい酒が世界を変える

獺祭忌には、圧倒的人気の酒を飲む。

9月19日は獺祭忌。俳人・正岡子規の命日です。正岡子規は、酒が弱かったと言われていますが、嫌いではなかったようです。
その正岡子規ゆかりの日本酒が、現代では人気ナンバーワンの日本酒となっています。美味しい酒として、これまで日本酒に見向きもしなかった人をも取り込み、ファンに変えているのです。
その日本酒の名は「獺祭」。秋の夜長に、そばに置いておかなければならない日本酒です。

獺祭の名前の由来

しかし、なぜ「だっさい」などという名前をつけたのでしょうか。1990年にはじめて、現在の「純米大吟醸50」につながる清酒が販売されたのですが、「獺祭」の文字が読めず、注文するのもためらわれました。それを「だっさい」と読むと知った時には、仲間と「ダサい!?」と言って笑い合ったものです。
当時はまだ知る人ぞ知るといった感じでした。馴染みの店で「ダサい酒」と言って注文すると、面白がられて他にも注文が入ったみたいで、その店では「ダサい」で通っていました。しかし店主も、「獺祭」の由来は知りませんでした。

獺祭獺祭・・・これは、獺(カワウソ)の魚を並べる習性を指します。そこから、文章を書く時に参考書を出し広げることに転じ、かの正岡子規が自らを獺祭書屋主人と称したとのことです。
獺祭の蔵元は、正岡子規の生まれ故郷・愛媛県にある松山商科大学(現・松山大学)経営学部卒業。日本文学に革命を起こした正岡子規にあやかり、「獺祭」に変革と革新の決意を反映させたと言います。そして現実に、それまでの日本酒のイメージを次々とぶち壊しているのです。

時代に求められた酒

今日の獺祭ブームが来るまで、日本酒と言えばオヤジのドリンクであって、まさに「ダサい飲み物」の代名詞でした。かつて同じ位置づけにあった「芋焼酎」が、新しい麹などの開発で風味を変え大ブームを起こしたのを、指をくわえて見ていなければならないといった悲しい状況にありました。
獺祭の醸造元・旭酒造も経営危機に陥るほどの苦境に立っていたといいます。しかし、ピンチにこそ本当のチャンスが潜んでいるとはこのことでしょう。変革に失敗し、杜氏にそっぽを向かれたのを機に、社員制へ移行したのです。
現在でも、日本酒蔵の社員制というと「???」ですが、これが結果的に安定した品質を生み出すことになったといえます。古くからの知恵は、確かに無視できないものですが、反対に革新の足かせになっていたということでもあります。
この、社員制への移行による改革は、日本酒業界に大きな衝撃を与えました。これまで、日本酒と言えば季節を読みながら生産するのが当たり前で、従事者も季節工として雇われることが多かったのですが、社員制への移行により必然的に四季醸造を念頭に置くことになりました。
四季醸造とはつまり、寒い季節のみならず、暑い季節にも日本酒を醸造することを意味します。ということは、人の手で製造環境をコントロールしなければならないということです。
自然環境に仕上がりを任せていた時代には、出来上がる商品のばらつきが大きく、運が悪ければ商品にならないといった事態をも招きます。四季醸造では、人為的に最適な生産環境を整備するため、品質が安定してきます。
はっきりいいます。真の名酒は、品質こそが重要です。品質は、味わいとは別物です。ひとの嗜好に左右される味わいとは違い、品質には、製造する者の哲学が反映されます。だからこそ、そこに、いかなる試練にも立ち向かえる強い商品が生まれてくるのです。

獺祭の現在と未来

世間の嗜好の変化が、それまで主流だった端麗辛口から移行し、獺祭に衝撃を覚えたこと。それを需要面で長期的に支える実力を備えていたこと。これが、現在の獺祭ブームの実態だと言えます。
しかし、獺祭が凄いのは、同じ場所に留まっていないこと。製造面では遠心分離など、古来の醸造手法にはありえない技術の導入にも積極的で、新しい日本酒をつくりだすことをも厭いません。また、スウィーツとの組み合わせなど、従来にない日本酒需要の発掘にも積極的で、新たなファンを次々と獲得しています。
そのような中、設備導入で増産体制が整ったとも聞きます。われわれ庶民にとっては、その分価格面への反映を望むのではありますが、好調な海外需要もあって、やはり入手困難な日本酒として君臨し続けるのかもしれません。それでもやはり、特別な日には、裏切ることのないあの獺祭を探しに行きたくなるのです。

おすすめの獺祭

日本酒ランキング獺祭と言っても、いろんな種類があります。ただし、どれも純米大吟醸酒といって、通常の日本酒よりも精米歩合の高い贅沢なつくりとなっています。その結果、あのようにフルーティーで、えもいわれぬ味わいとなるのです。
ところで、この獺祭、はじめて飲むにはどれがいいのか?
そりゃ、いきなりオバマ大統領やプーチン大統領へもプレゼントされたといわれる 磨き その先へ を飲むというのもありですが、一般には「獺祭三割九分から」と言われています。これは、獺祭の中では精米歩合も中くらいの39%。獺祭は値段が高いというイメージがあるかもしれませんが、同スペックの他社商品よりコストパフォーマンスに優れるといった声もあります。味わい的にも、味と香りのバランスが非常に優れた驚きの酒です。

▶ 獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 1800ml(楽天市場で購入する)
▶ 獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 720ml(楽天市場で購入する)

世界の乾杯酒になれるか日本酒

スパークリング日本酒が大人気

宝酒造から「澪」が発売されてから6年がたちます。今では、居酒屋の必須アイテムともなり、この夏にはCMも新しくなって大きな話題となりました。甘酸っぱくフルーティーな飲み心地から、日本酒を敬遠していた人からの支持も得、日本酒に対する見方を変える契機にもなっています。
スパークリング日本酒のはしりとしては、1998年に発売された一ノ蔵のすず音があり、澪人気に引っ張られるように、こちらも需要を伸ばしています。この「すず音」は、炭酸ガス注入タイプの「澪」と異なり、瓶内二次発酵となっています。日本酒を瓶詰めしたあと発酵させるもので、シャンパンと同じつくりと言えます。
今、この瓶内二次発酵による日本酒造りが熱くなっています。

2017年はスパークリング日本酒元年

おすすめの日本酒2016年は、日本酒にとってエポックメイキングな年となりました。それまで焼酎に押されていた市場に変化が起き、純米大吟醸などの特定の酒が注目を浴びました。そのような中、11月に「awa酒協会」が結成されたのです。
「awa酒協会」は、2008年に画期的な独自製法で瓶内二次発酵のスパークリング日本酒をつくり出した永井酒造が中心となり、良質なスパークリング日本酒を世に送り出すために結成されました。今年4月にはお披露目会が行われ、その席で9製品にawa酒認定証を授与しました。
このように、本格的なスパークリング日本酒造りの基礎ができた2017年ですが、それに伴い、全国の酒造でスパークリング日本酒造りが熱くなっています。

コンテストでも注目されるスパークリング日本酒

国内外に知られる日本酒コンテストがいくつかありますが、スパークリング日本酒部門として独立して審査するコンテストも、このところ増えてきました。中でも有名なインターナショナル・ワイン・チャレンジでは、2014年にスパークリングの部を新設し、今年「出羽桜 とび六」にトロフィーを授与しました。今年から発泡清酒部門が新設されたサケ・コンペティション2017では、「南部美人 あわさけ スパークリング」が1位を獲得しています。いずれも瓶内二次発酵の商品で、「南部美人 あわさけ スパークリング」は11月から出荷される予定の新しい日本酒です。
このようにスパークリング日本酒への注目度が高まる中、市場での選別も促進されつつあります。

ホンモノを求める時代へと

当初は、日本酒からかけ離れた甘酸っぱさを求める傾向にあったスパークリング日本酒ですが、現在ではホンモノを求める人々が増えています。そのような人々にはやくから支持されていたのは「獺祭 発泡にごり酒 スパークリング50」。実は、ナンバーワンの人気を誇る日本酒「獺祭」の人気のかなりの部分を支えているのがこの酒で、繊細で骨太な米の旨みを存分に楽しめる酒です。そしてまた、この酒の開栓時の注意書きが面白い。英語と日本語で書かれたそれは、シャンパンを彷彿とさせるものです。
世界を戦場と定めた獺祭は、このように、スパークリング日本酒を戦略商品と位置付け、世界もそれに反応し始めました。

今はまだ、シャンパン市場は落ち着いています。乾杯はシャンパンでするのが世界の習わしであり、永久にその地位はゆるがない・・・と思われているかもしれませんが、我が日本酒が世界を変える日がくるかもしれません。

スパークリング日本酒の金字塔

MIZUBASHO PURE

日本酒ランキング2008年11月発売のMIZUBASHO PURE。永井酒造が長年の研究の結果生み出したこのスパークリング日本酒は、完全にシャンパンに照準を定めています。画期的な瓶内二次発酵技術は同業に解放され、業界での世界戦略を打ち出しました。乾杯酒がシャンパンからスパークリング日本酒に移り変わっていく時、この日本酒は、歴史を刻んだ酒として永遠に記憶されるでしょう。

▶ MIZUBASHO PURE(楽天市場で購入する)