「★7」タグアーカイブ

石鎚 純米吟醸 緑ラベル

飽きない日本酒の答え 石鎚緑ラベル

▶ 石鎚 純米吟醸 緑ラベル

石鎚 純米吟醸 緑ラベル近年、究極の食中酒との声も聞こえる愛媛の名酒「石鎚」の緑ラベル。インターナショナルワインチャレンジ2018では銀メダルを獲得し、かつてはANA国際線ビジネスクラスにも搭乗していた日本酒。

この日本酒は、西日本最高峰の「石鎚山」の名前を冠す。蔵のある石鎚山山麓の西条市は、掘れば湧き出る名水「うちぬき」で知られる。全国利き水大会で連覇したこともある軟水。アサヒビール四国工場でも使用される良質の水ではあるが、日本酒を醸造するには稀なほどの軟らかさ。普通であれば、腰が砕けるような酒になってしまいそうなものを、この石鎚の緑ラベルはキリリと芯があって、かつまろやかな味に仕上がり、キレもよい。ほのかな吟醸香もまた心地よい。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

石鎚緑ラベルはこう飲め!

石鎚 純米吟醸 緑ラベル西日本最高峰石鎚山は、標高1982メートル。古くから天狗が棲む山と恐れられてきたが、そこに鎮座する本当の神は、大地の神霊イワツチヒコ。だから、その名を冠するこの酒を飲むならば、グラスやメタルを使っちゃならない。
最適なのは、土の質感が見事に残る備前の器。同じ瀬戸内に面する岡山には石鎚講もあり、古くから備前の酒器を携えて、お山詣りを行っていたところ。
最近流行りの大吟醸などを備前の器に注ぐと、その重厚さの前に華やかさが消失されるといった欠点があった。しかし、石鎚の緑ラベルならば、太古の時代から生き残る備前焼の荘厳さにも、決して引けを取ることはない。むしろ、器に注げば備前のほのかな土の香と、緑ラベルの柔らかな吟醸香が絡み合って、神聖な気持ちを呼び起こしてくれる。これぞ、霊峰石鎚の名を冠する酒の凄さだろう。

さて、酒器は決まったが、飲み方とアテはどうする?

まず、飲み方であるが、温めてはならない。温めても旨いという輩もいるが、この酒を温めるとは何事だ!神の懐を潤してきた水の化身を、人の手で狂わせてしまってはならない。冷やで飲むべし。そうすれば、吉野川や仁淀川といった石鎚山に水源をもつ清流を体内に呼び込み、悠久の時の中を流れていくような感覚を味わえる。
そしてアテであるが、瀬戸内の魚介類と言いたいところであるが、そんなのは後日味わえばいい。石鎚緑ラベルは肉魚菜問わず、食材の旨みを引き出してくれる日本酒なので、手元に置けば「食」を立ててしまい、銘柄を忘れてしまう引き立て上手な日本酒だ。だからここでは、あえて日常食から離れて、「金柑の甘露煮」といきたい。
石鎚山のある愛媛県といえば、言わずと知れた柑橘王国。金柑の実も、季節になればいたるところに見られるという。それは恐らく、石鎚の山容を彩る衣のようなものだろう。それを甘露煮にしたものをひとつ頬張り、そして、備前の猪口を少し傾けてみて欲しい。すると、金柑の甘さとほろ苦さが、みごとに石鎚緑ラベルに包まれて、一気に高度1982メートルまで駆け上がってしまうのだ。それはもう、羽団扇を持った天狗の気分!

▶ 金柑の甘露煮

玉乃光 純米吟醸 祝

玉乃光(たまのひかり)の実力

京都の酒米「祝」を使用し、花柄のめでたいラベルに身を包む。熊野の速玉神社を信仰して生まれた、まさに祝い酒にうってつけの日本酒。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

京都で人気の伏見の銘酒 玉乃光

いつもの飾り気ないぐい呑みを準備してやめた。この酒は、やはり盃で飲むべきだ。しかし手持ちがないので、あわてて探してきて、注いでみる。黒い盃にあふれる滴は澄んでいて、本当に玉のようだ。100均の盃でさえ、この瓶のそばに置けば漆塗りの気品を見せるから不思議だ。

醸造元 玉乃光酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 16.2度
日本酒度 +2.0
酸度 1.8
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●ほのかな吟醸香。口に含むとやや辛口のテイストながらほんのりと旨みが広がり、スーッとキレていく。
●熱心な農家と行政などの協力により復活した京都産の酒米「祝」だけで醸しました。京友禅のようなほのかな吟醸香。バランスのとれた、はんなりとした味わいです。(玉乃光酒造ホームページ)

● 玉乃光 純米吟醸 祝100% 1800ml [京都府](アマゾンで購入)

● 玉乃光 純米吟醸 祝 1800ml(楽天市場で購入)

北雪 超音波熟成 超熟酒

北雪(ほくせつ ちょうじゅくしゅ)の実力

超音波を用い、熟成を速めた超辛口の日本酒。「波に揺られた酒はうまい!」という漁師の言い伝えをもとに実験を繰り返し、味・香りともに数段引き立つ事を確認。それを「超音波」によって実現した酒だという。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★
高 級 感 : ★★

新酒であっても古酒の趣を持つ北雪超熟酒

超辛口なのにまろやかさも感じられるのは、超音波のなせる業か。「酔い覚めのすがすがしさには特筆すべきものがある」とのラベル書きに、おもわずスイスイ飲んでしまった。いかんせん、旨かった。飲みすぎた翌朝、頭に超音波が宿り、いつもの二日酔いの一日が始まった・・・

醸造元 株式会社北雪酒造
分類 普通酒
酒米 五百万石
精米歩合 68%
酵母 協会7号
アルコール度 15.5度
日本酒度 +15
酸度 1.2
アミノ酸度 0.5

受賞歴

テイスティング

●米の香が立ち、口に含むとさらりと広がるとともにまろやかな旨みも押し寄せてくる。
●従来の酒造りでは不可能だった、「新酒の鮮度と古酒の熟度の両立」が可能となり、豊醇な香りとさらりとした飲み口を達成することが出来ました。また、酔い心地の軽やかさと酔い覚めのすがすがしさには特筆すべきものがあります。(北雪酒造ホームページ)

● 北雪 超音波熟成 超熟酒(楽天市場で購入)

遊穂 純米酒

遊穂(ゆうほ)の実力

UFO目撃多発地帯で醸されるため「ゆうほ」という銘を持つ。料理に寄り添う酒を合言葉に生まれたこの純米酒は、濃醇旨口タイプの骨太な日本酒。しっかりとした旨みの中に、蜜のような甘さをも秘めている。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

宇宙に誘う酔い心地 遊穂

石川県羽咋市に現れるというUFOは、遊穂を仕入れに来るのだろうか。そういえば、UFOは予測不可能な飛び方をして去っていく。あれはきっと酔っ払い運転だ。宇宙には飲酒運転を取り締まる法律はないのだろうか???
いずれにせよ遊穂は、宇宙人だけでなく地球人をも楽しませてくれる酒だ。複雑で深い味わいのこの酒は、少し寝かせると、次元を超えた旨さになる。ついつい飲みすぎて、空を飛べない僕は千鳥足になる。

醸造元 御祖酒造株式会社
分類 純米酒
酒米 山田錦
精米歩合 60%
酵母 県産酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +3
酸度 1.9
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●香りは穏やかであるが、口に含むと米の旨みがボリュームをもって広がり、心地よい酸とともに蜜のような甘みが顔を出す。

● 遊穂 純米 無ろ過生原酒 1800ml(アマゾンで購入)
● 遊穂 純米酒 1800ml(楽天市場で購入)

刈穂 純米吟醸 六舟

刈穂(かりほ ろくしゅう)の実力

硬水を使って仕込み、酒蔵の六つの酒槽で搾った刈穂の純米吟醸。全国的な評価を得つつある刈穂のスタンダード。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

秋田の名酒 刈穂の定番酒

秋田の日本酒と言えば、濃醇旨口の日本酒をイメージしてしまうが、刈穂の純米吟醸は端麗辛口。しかし、新潟の端麗辛口とも一味違う、滑らかな旨みを持ち合わせる。

醸造元 刈穂酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 美山錦
精米歩合 55%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +3
酸度 1.5
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●かすかな米の香。きれいな酸を包み込むように旨みが広がって行く。キレも良い。
●小規模仕込みで丁寧に醸造した純米吟醸です。上槽後瓶詰め、瓶火入れを行い、フレッシュな香味ときめ細やかな味わいを保持して出荷いたします。(刈穂酒造ホームページ)

● 刈穂 純米吟醸 六舟(楽天市場で購入)