「高級感★★★★」カテゴリーアーカイブ

東薫 大吟醸 叶

東薫(とうくん かのう)の実力

名工・及川杜氏を擁し、全国新酒鑑評会金賞の常連となった東薫。その東薫の最高ランクとも言える日本酒が「叶」。全国新酒鑑評会金賞は16回を数える。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

超絶的な甘みを持つ日本酒 花陽浴

能にも登場する、酒の精・猩々が描かれたラベル。この日本酒は、尽きることのない酒。猩々から得ることのできる夢かもしれない。飲めば若かりし頃の夢甦り、明日また走って行けそうな気がする。
その気になれば夢は叶う。夢とは、身の丈に応じてあるものだから。

醸造元 東薫酒造株式会社
分類 大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 35%
酵母
アルコール度 17度
日本酒度 +3
酸度 1.2
アミノ酸度

受賞歴

全国新酒鑑評会金賞(16回・2017年現在)

テイスティング

●華やかな香りはバランスよく、口に含めばさらりときれいに旨みが広がる。キレもいいが、余韻もまた心地よい。
●鑑評会出品酒と同等の酒を提供。山田錦を35%以下の精米で酒袋しぼりでゆっくりと時間と手間をかけた及川杜氏の自信作。味・香り・すべてにバランスが取れた芸術的な酒。淡麗でまろやか。馥郁(ふくいく)とした香りが口中に広がり、飲む程に吟醸酒の風格が漂う。(東薫酒造ホームページ)

● 東薫 大吟醸 叶  1800ml (アマゾンで購入)

● 東薫 大吟醸 叶 1800ml(楽天市場で購入)

黒龍 大吟醸 龍

黒龍(こくりゅう りゅう)の実力

ワインの熟成を応用し、1975年に業界に先駆けて商品化された大吟醸酒。当時、日本一高価な日本酒として発売。5000円の値段をつけた一升瓶は人々を驚かせながらも、一時的な話題作りで終わるものだと思わせた。しかし、発売から40年以上が経過した現在でも、有数の人気を誇る日本酒として存在し続けている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★

大吟醸のパイオニア黒龍の真髄

「龍」といういかつい名前を持ちながらも、その繊細さは特筆もの。龍が潜む水源の水を酌んできたに違いない。これならば、決してトラになることはないだろう。

醸造元 黒龍酒造株式会社
分類 大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 40%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +4
酸度 1.2
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●メロンのような香りを持ち、水のようにさらさらと飲めてしまう。繊細で非常にきれいで、キレが良い。
●ワインの熟成を応用し、全国に先駆けて1975年に発売したロングセラー大吟醸酒。蔵人の情熱が上品な果実香と上質な味わいを生み出します。(黒龍酒造ホームページ)

● 黒龍 大吟醸 龍 1800ml(アマゾンで購入)

● 黒龍 大吟醸 龍 1800ml(楽天市場で購入)

醸し人九平次 純米大吟醸 別誂 山田錦

醸し人九平次(かもしびとくへいじ べつあつらえ)の実力

三ツ星レストランに置かれ、海外から火が付いた「醸し人九平次」のフラッグシップ。ワインを見据えた日本酒造りを実践し、その味わいは最高にエレガント。ポスト「十四代」の呼び声高い、新しい世代の日本酒。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★

エレガントな希望の水 醸し人九平次

ラベルに輝く「EAU DU DESIR」の文字。醸し人九平次は、「希望の水」を醸し出す。「希望の水」は、驚くべき透明感で体内を走り抜け、恍惚感を与えてくれる。今、ワインに飽きた西洋では、九平次が人気だという。閉塞感に希望を見いだせない日本人にこそ必要な酒だというのに・・・

醸造元 株式会社萬乗醸造
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 35%
酵母
アルコール度 16.5度
日本酒度 ±0
酸度 1.6
アミノ酸度 1.1

受賞歴

テイスティング

●リンゴのような香り高く、口に含めば蜜のような甘みが心地よいかすかな渋みとともに広がって行く。余韻も長く、リッチな気分にさせてくれる日本酒だ。
●醸し人九平次シリーズの、フラッグシップがこの「別誂」。しかし、何をもってフラッグシップと名乗れるのか?それは、一度口にすれば明確。細胞が感じとる圧倒的な密度とエネルギー。フラッグシップを名乗るのに、十分すぎる理由です。(萬乗醸造ホームページ)

新政 NO.6 X-type

新政(あらまさ)の実力

最古のきょうかい酵母・6号酵母を分離したことで知られる新政酒造。最近は、自社酵母・無添加・秋田産の原料米という3原則に従い、生もと純米造りというこだわりぬいた酒造りを行っている。また、特定名称酒の区分とは一線を画し、ボトルも一升瓶を使わないなど、問題提起をしながら業界の先頭を走り抜ける新政酒造。その新政酒造のフラッグシップモデルとなっているのがこの「NO.6」で、X-type は最上位モデルだ。日本酒界の現状と未来を知るには、絶対に飲んでおかなければならない逸品だ。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★

革新的な日本酒 新政NO.6

「6番」のラベルを掲げているが、誰もが認めるトップランナー。一介のファンが勝負を挑めば、いきなり強烈なボディーを食らってしまう。甘い奴と見て、油断したら命取り。特徴的な酸が突き抜け、身体はすでに動かない。そしてしみじみと噛みしめるような旨みに包まれ、そこから僕は再生するのだ。グラスを空にした時には踊り出していた。

醸造元 新政酒造株式会社
分類
酒米 秋田県産酒造好適米(主に麹米に「吟の精」・掛米に「酒こまち」)
精米歩合 30%
酵母 六号酵母
アルコール度 15度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●リンゴのような上立ち香を持ち、アタックは強い。複雑で味わい深い酸味が特徴で、エレガントながらパワフルでもある。
●磨きこまれた米を用いるため、より格調高い仕上がりであり、6号酵母の清楚にして力強い存在感をもっとも鮮やかに感じ取れるのがこのX-Typeであると蔵元は考えている。6号酵母誕生当時の槽口の味わいを、85年の時を超えて想起させる作品であるように願いつつ醸される作品である。(新政酒造ホームページ)

● 新政 No.6 Xタイプ 煌きラベル 740ml(アマゾンで購入)
● 新政 NO.6 X-TYPE(楽天市場で購入)

七賢 大中屋 純米大吟醸

七賢(しちけん おおなかや)の実力

年間製造数量100本という、七賢の最高峰。ウィスキーで知られる山梨の白州に蔵を構える山梨銘醸の酒は、甲斐駒ヶ岳の湧水を用いてピュアな仕上がりとなる。屋号を掲げたこの純米大吟醸酒は、華やかな香りと甘みを持ち、SAKE COMPETITION 2017では、スーパープレミアム部門の最高賞を獲得している。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

ワインの国のウィスキーの町でつくられる日本酒 七賢

明治天皇が宿泊したという立派な酒造でつくられる最高の酒は、杜氏ではなく、米づくりから手掛ける社員さんが造っているという。近くにはサントリーウィスキーの大工場があり、世界的に知られる「白州」をつくっているが、小さなこの蔵のこの日本酒だって、世界の名酒に伍する実力を持っている。2012年、ダボス会議公式レセプション酒になったのもその証。この酒は、心地よい酔いだけでなく、知恵をも授けてくれるだろう。すっきりとしたいい酒だ。

醸造元 山梨銘醸株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 37%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2017 SuperPremium部門1位
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2015 純米吟醸・純米大吟醸の部金賞
●SAKE COMPETITION 2015 純米大吟醸部門6位
●インターナショナル・サケ・チャレンジ 2014 銀賞
●SAKE COMPETITION 2014 FreeStyle部門5位
●SAKE COMPETITION 2012 純米大吟醸部門6位

テイスティング

●華やかな吟醸香は花のよう。口に含むと滑らかな甘みがひろがり、キレもいい。
●お酒を冷やして、ワイングラスでお飲みいただくと美味しくなります。ご自宅にあるワイングラスでお楽しみください。(山梨銘醸ホームページ)

● 七賢 大中屋 純米大吟醸(楽天市場で購入)

開運 純米大吟醸

開運 純米大吟醸(かいうん)の実力

「夏子の酒」のモデルとなった蔵で、全国新酒鑑評会で華々しい成績を収める静岡酵母で醸した土井酒造場の最高傑作とも言える純米大吟醸。開運では「大吟醸」を推す声も高いが、SAKE COMPETITION 2017 純米大吟醸部門で1位に輝くという快挙も達成した名酒は、まさに開運の酒。最高峰と言われる兵庫県特A地区の山田錦を40%まで精米。その味わいはピュア。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

めでたさでも引っ張りだこの名酒 開運 純米大吟醸

静岡の酒は侮れない。日本の屋台骨をなす山々を伝った水が、独特の酵母を使って花開く。その甘い香りを嗅ぐだけで気持ちは晴れ渡るというものだが、その神酒をすすれば運も開ける。
この純米大吟醸は、決してその名前だけで人を呼ぶ酒ではない。しっかりとした造りで、真に人を酔わせる酒だ。坏を重ねたならば、人生に酔うことだってできるかもしれない。

醸造元 株式会社土井酒造場
分類 純米大吟醸
酒米 兵庫県特A地区山田錦
精米歩合 40%
酵母 静岡酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +5
酸度 1.4
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2017 純米大吟醸部門1位
●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 金賞

テイスティング

●メロンのような香りが漂い、口に含むとすっきりとした甘みが広がる。
●華やかな香りを引き出した大吟醸よりも少し控えめな香りとなりますが、その爽やかで軽やかな香りが「純米」の魅力です。そして、米由来の力強い味わいは、まさに土井酒造場の純米酒の最高峰といっていいでしょう。(土井酒造場ホームページ)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 開運 純米大吟醸 1.8L(アマゾンで購入)
● 開運 純米大吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

来福 超精米 純米大吟醸

来福(らいふく)の実力

精米歩合8%という市販されている日本酒では最高レベルの超精米で、徹底的に雑味を取り除いたこの酒。SAKE COMPETITION 2016 Super Premium 部門では、見事1位に輝いている。パーカー・ポイント(2016年)も92ptsと、非常に評価が高く、「竹林を通り抜ける風のよう」と評されている。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

米の髄からできあがった日本酒 来福超精米

福を求めるということは、こういうことかもしれない。徹底的に不要なものを取り除き、最後に残った核だけを活かす。来福のこの酒は、まるで風のように体内を駆け巡る。まどろっこしい雑味は一切なく、ただ軽快に。しかしその風が過ぎ去った時、ほんとにいいものなんだな・・・と思う。

醸造元 来福酒造株式会社
分類 純米大吟醸
酒米 ひたち錦
精米歩合 8%
酵母
アルコール度 17度
日本酒度 +3
酸度 1.0
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2016 Super Premium 部門 1位

テイスティング

●華やかな吟醸香を持ち、とても繊細。舌の上で広がる甘みが心地よい。
●竹の葉、緑の草、石のようなミネラル、柑橘の香りが感じられる。完璧ななめらかさ、調和のとれた口当たりで、長く甘いミネラルのフィニッシュ。(RPWAマーティン・ハオ氏のテイスティングコメント抜粋)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 来福 超精米 純米大吟醸 720ml(楽天市場で購入)