「日本酒あれこれ」カテゴリーアーカイブ

海風土 白麹純米酒(SEA FOOD)

和風でも洋風でも 海鮮に一番の日本酒「海風土」

▶ 白麹純米酒 海風土(SEA FOOD)

海風土 白麹純米酒(SEA FOOD)2018年、海風土が世界に羽ばたいた。フランスのKURA MASTER「純米酒」部門でプラチナ賞、中国のSAKE CHINA「純米酒」部門で金賞を獲得したのだ。その前から予兆はあった。シーフードに特化した日本酒という新しいコンセプトは、その面白いネーミングも含めて話題になり、日本でも多くのメディアに取り上げられるようになっていた。
その流れは、2019年になっても変わらない。市場での認知度はさらに高まり、東京の居酒屋で出会うことも多くなった。

売りは、何と言っても海鮮料理との相性の良さ。かつて、このようにマリアージュを本格的に意識して造られた日本酒があっただろうか。
この日本酒は、通常は焼酎で使われる麹を使用し、従来にない味覚を表現している。つまり、シーフードを意識しているだけあって、独特の酸味を持ち、すっきりとした飲み口。比較できるのは白ワインだろうが、白ワインほどの渋みがない分、刺身などとも相性がいい。
日本3大酒処「西条」の玄関口に立地するだけあって、考え抜かれて仕込まれた日本酒。蔵のホームページを覗くと、広島だけあって牡蠣とのマリアージュが語られている。もはやこれは、国内だけにとどまる日本酒ではない。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

海風土はこう飲め!

海風土 白麹純米酒(SEA FOOD)最近の日本酒には、キャラクターもののラベルがついていたりするものも多くなり、この手の装いの日本酒を購入することにも、昔ほどの抵抗感はなくなった。かつては、不味い酒をごまかすためのものだと疑っていたものだが、今では驚きの発見をすることも多くなった。この「海風土」もその1本。

あえて、「海風土」という名前をつけることで、「肉料理」を捨て去った潔さ。その潔さがかえって受けて、今年も酒場では人気の酒となっていた。
それにしても、日本酒とはこうも多様性を表現できるものなのだと、あらためて感心。マグロのヅケをつまみながら傾けるグラスは、これ至福。本当は、蔵元のすすめるとおりに牡蠣料理といきたいものなのだが、残念ながら私は牡蠣アレルギー。それでも、海の生臭さを葬り去る爽やかな酸味が舌先を転がる感覚は、十二分に堪能できる。海風土 白麹純米酒(SEA FOOD)

面白いのは、昨年初めて開催された中国のSAKE CHINA で金賞を獲得していること。実は、この日本酒コンテストの結果は、かなりの甘口の日本酒が評価される傾向となり、日本酒愛好家を驚かせる結果となっていた。そこに、すっきり辛口の「海風土」が、ポンと異彩を放つ形で滑り込んだ。
同時期に開催された KURA MASTER では、ワインを意識した選考結果が出て、そこでプラチナ賞を獲得した「海風土」も納得の結果だった。つまり「海風土」は、従来の枠にとらわれない異次元の日本酒ということなのかも知れない。
昨年、日本酒の輸出額が過去最高となった。現在のところ日本酒業界はワインをターゲットにして、さらに市場を押し広げようと奮闘している。そのような中、ワインの国でも紹興酒の国でも高評価を得たこの「海風土」は、新たな次元の日本酒の可能性を示唆しているように思えてならない。

ちえびじん 純米酒

ちえびじん KURA MASTER で世界一

▶ ちえびじん 純米酒

ちえびじん 純米酒2018年夏、大分の日本酒が、日本ばかりでなくフランスでも注目を浴びた。2017年からワイン大国で始まったフランスにおけるフランス人によるフランス人のための日本酒コンクール「KURA MASTER」で、純米酒部門プラチナ賞ばかりでなく、全体の1位となるプレジデント賞をもかっさらってしまったのだ。それがこの酒・「ちえびじん純米酒」。
思えば、2017年の第1回大会でも、躍進したのは九州・佐賀の日本酒「七田」。フランスは、九州の日本酒との相性がいいのかもしれない。
しかし、それはさておき、美味しい日本酒には間違いない。世界中の誰からも愛されそうな甘みと旨みが、主張しすぎることなくバランスよく充填されている。

「ちえびじん」とは、「智恵美人」のことで、明治7年創業時の女将の名である。当時の蔵元の想いを140年も受け継ぎ、風光明媚な国東半島の片隅で、細々と酒を造り続けてきた蔵。以前より、日本酒通の間では有名な日本酒であったが、この受賞により入手困難な日本酒となりそうで心配である。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

ちえびじん純米酒はこう飲め!

ちえびじん 純米酒大分県と言えば、「いいちこ」などで知られる麦焼酎天国。あの「二階堂」も、智恵美人を醸造する中野酒造がある杵築のとなり町。
日本酒が復活した今日においても、いまだに九州では日本酒は造られていないと信じている日本人は多い。しかし、古くから北九州は一大日本酒産地で、福岡県内の日本酒の酒蔵件数は、現在においても全国有数。もちろん、福岡県に接する大分県も、古くから日本酒で勇名を馳せ、隣の国東市で醸造される「西の関」は、かつて「西の横綱」とも称されたほど。

まあ、そんな知恵はどうでもいい。この「智恵」は、とことん美味い。醸造元の中野酒造は、その理由を仕込水に求めているが、本当のところは、初代の女将を想うその「ハート」だろう。商品群を見ると、最近は「裏ちえびじん」など新味を求めたものも人気があるが、それらを口にしても、「古き良き」風合いを忘れてはいないことに気付かされる。つまるところ、時代の変遷の中に身を置きながらも、決して核心は捨て去らない酒蔵。
さて、この度の KURA MASTER での評価を受けて、「智恵美人」がどうなっていくのかは注目。世界に羽ばたいて欲しい気持ちもあるが、自分だけの酒であってほしい気持ちもある。因みに、この美人ラベルの「智恵美人」は、地元大分県でしか入手できない特別仕様。東京向けの「ちえびじん」のような洗練された雰囲気はないが、こちらにはちょっとした驚きがある。
コップ酒でいいから無造作に酌んで、常温で一気に流し込む。何か、古い時代の甘いエピソードがよみがえるようである。

新政 瑠璃(ラピス)

新政瑠璃(ラピス) 珠玉の輝きを宿す日本酒

▶ 新政 瑠璃(ラピス)

新政 瑠璃(ラピス)新政酒造を知らない日本酒ファンはいない。現存する最古の協会酵母「6号酵母」を分離した古い蔵でありながら、今最もホットな酒造りを行っている蔵でもある。その方向性は明確で、最近では、保冷と頒布を考慮した最適な流通形態を確保するために、一升瓶を廃止するなど、常に日本酒の未来を考えている蔵元だ。
この日本酒・通称ラピスは、ボトルだけでは洋酒と見間違えるかもしれない。しかし、このデザイン性も新政酒造の特徴。カラーズと呼ばれる分類に共通のシンボルを、瑠璃色の背景に浮き立たせ、シンプルながらも圧倒的な存在感を放つ。
因みにカラーズにはこのラピスの他に、ヴィリジアン、コスモス、エクリュがあるが、街中に飲みに出て一番お目に掛かれるのはこのラピスのような気がする。それほどに人気が高いこの日本酒は、秋田県産の美山錦を使っているのが特徴で、その秋田県産の酒米を、6号酵母使用、生酛造りといったこだわりをもって香り高い日本酒に仕上げている。
もちろん、メディアの注目の的にもなってきた日本酒で、取り上げられた回数は、もはや数え上げることが出来ない。多くの有名人にも称えられてきた日本酒で、新政の特徴である心地よい酸味を、フルーティーな香りと軽快な飲み心地で包み込んでいる。世界に誇れる日本酒である。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

新政ラピスはこう飲め!

新政 瑠璃(ラピス)瑠璃色は地球の色。ラベルに刻まれたシンボルを眺めていると、宇宙から地球を眺めているような気持になる。そして、封を切るとそこから心地よい香りがあふれ出て、この地球に生まれてきてよかったと思えるのだ。
新政の酒は、そんな、生きていることの素晴らしさを教えてくれる日本酒であるが、特にこのラピスは良い。どこまでも透き通った、この地球の賜物は、注げばグラスの底から大地の声を呼び起こす。酒器を、星を宿す琉球グラスにしたならば、その声は、宇宙における孤独をも癒してくれる。

昨夜は、この酒を高層階の日本酒バーで飲んだ。腰の高いワイングラスに注がれたラピスは、街明りを溶かしこんで綺麗に見えた。ボトルから離れても、どこまでも洒落た酒だな・・・と思った。
しかし、あまりに軽快に飲めるものだから、そこからがいけない。限度をすっかり忘れてしまって、この地球における記憶を、すっかりなくしてしまったようだ。美味い果実には毒がある!?

石鎚 純米吟醸 緑ラベル

飽きない日本酒の答え 石鎚緑ラベル

▶ 石鎚 純米吟醸 緑ラベル

石鎚 純米吟醸 緑ラベル近年、究極の食中酒との声も聞こえる愛媛の名酒「石鎚」の緑ラベル。インターナショナルワインチャレンジ2018では銀メダルを獲得し、かつてはANA国際線ビジネスクラスにも搭乗していた日本酒。

この日本酒は、西日本最高峰の「石鎚山」の名前を冠す。蔵のある石鎚山山麓の西条市は、掘れば湧き出る名水「うちぬき」で知られる。全国利き水大会で連覇したこともある軟水。アサヒビール四国工場でも使用される良質の水ではあるが、日本酒を醸造するには稀なほどの軟らかさ。普通であれば、腰が砕けるような酒になってしまいそうなものを、この石鎚の緑ラベルはキリリと芯があって、かつまろやかな味に仕上がり、キレもよい。ほのかな吟醸香もまた心地よい。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

石鎚緑ラベルはこう飲め!

石鎚 純米吟醸 緑ラベル西日本最高峰石鎚山は、標高1982メートル。古くから天狗が棲む山と恐れられてきたが、そこに鎮座する本当の神は、大地の神霊イワツチヒコ。だから、その名を冠するこの酒を飲むならば、グラスやメタルを使っちゃならない。
最適なのは、土の質感が見事に残る備前の器。同じ瀬戸内に面する岡山には石鎚講もあり、古くから備前の酒器を携えて、お山詣りを行っていたところ。
最近流行りの大吟醸などを備前の器に注ぐと、その重厚さの前に華やかさが消失されるといった欠点があった。しかし、石鎚の緑ラベルならば、太古の時代から生き残る備前焼の荘厳さにも、決して引けを取ることはない。むしろ、器に注げば備前のほのかな土の香と、緑ラベルの柔らかな吟醸香が絡み合って、神聖な気持ちを呼び起こしてくれる。これぞ、霊峰石鎚の名を冠する酒の凄さだろう。

さて、酒器は決まったが、飲み方とアテはどうする?

まず、飲み方であるが、温めてはならない。温めても旨いという輩もいるが、この酒を温めるとは何事だ!神の懐を潤してきた水の化身を、人の手で狂わせてしまってはならない。冷やで飲むべし。そうすれば、吉野川や仁淀川といった石鎚山に水源をもつ清流を体内に呼び込み、悠久の時の中を流れていくような感覚を味わえる。
そしてアテであるが、瀬戸内の魚介類と言いたいところであるが、そんなのは後日味わえばいい。石鎚緑ラベルは肉魚菜問わず、食材の旨みを引き出してくれる日本酒なので、手元に置けば「食」を立ててしまい、銘柄を忘れてしまう引き立て上手な日本酒だ。だからここでは、あえて日常食から離れて、「金柑の甘露煮」といきたい。
石鎚山のある愛媛県といえば、言わずと知れた柑橘王国。金柑の実も、季節になればいたるところに見られるという。それは恐らく、石鎚の山容を彩る衣のようなものだろう。それを甘露煮にしたものをひとつ頬張り、そして、備前の猪口を少し傾けてみて欲しい。すると、金柑の甘さとほろ苦さが、みごとに石鎚緑ラベルに包まれて、一気に高度1982メートルまで駆け上がってしまうのだ。それはもう、羽団扇を持った天狗の気分!

▶ 金柑の甘露煮

醸し人九平次 純米大吟醸 ワイン樽熟成

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)の実力

人気の日本酒銘柄日本酒がワインをターゲットとした。日本食ブームに伴う日本酒の世界進出とともに、日本酒界でもワインを意識することが多くなった。そのような中、早くからワインをターゲットにしていた蔵と言えば、やはり萬乗醸造。
テロワールを意識した酒造りは既に世界で認められ、日本でもエレガントな日本酒として大ブームを巻き起こしている萬乗醸造の「醸し人九平次」。

そんな、醸し人九平次の限定酒に、ワイン通をも唸らせる日本酒があるのをご存知か。その名も「醸し人九平次 純米大吟醸 ワイン樽熟成」。最高の酒米「山田錦」を使って醸造された純米大吟醸をワイン樽で3年熟成。それを、750mlの瓶にコルク栓で封じ込めたワインのような日本酒。やや琥珀色がかったその酒は、口に含めば果実のようであり、えもいわれぬ甘みにほおが緩む。ワインのようであり、またワインとも違った楽しさがある。そして、従来の日本酒の域を超えた味わいに感動を覚える日本酒。

ただ、残念なのは入手困難なこと。もしもこの酒を入手できたなら、フランスの友人にも胸を張って日本酒の良さを伝えることが出来る。

醸し人九平次 純米大吟醸 ワイン樽熟成

(楽天市場で購入)

稀 少 感 : ★★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

「醸し人九平次 純米大吟醸 ワイン樽熟成」のスペック

醸造元 萬乗醸造
分類 純米大吟醸
酒米 山田錦
精米歩合 50%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

田中六五 糸島産山田錦純米酒

田中六五(たなかろくじゅうご)の実力

地元福岡にこだわり、地元向けに出荷されてきた日本酒。そんな田中六五は、2008年デビュー。その上品な味わいが人気を呼び、この純米酒だけが全国流通する。高品質の糸島産山田錦で造った酒を、雑味が入らないように、ハネ木搾りで搾った貴重な日本酒。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

ご苦労さんの田中六五

田圃の中の酒蔵で田中さんが精米歩合65%の山田錦で酒造りをするから「田中六五」とは、何とも難しいネーミングだ。しかし、名前なんてはじめは何でもいいのだ。旨けりゃ記憶に残るというもの。だから、久しぶりに福岡の酒が入ったと聞いた時には、「田中ごくろうさん」なんて叫んでしまった。記憶に刻み込まれてはいたが、少し名前が違った。。。

醸造元 有限会社白糸酒造
分類 純米酒
酒米 糸島産山田錦
精米歩合 65%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +1.5
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●ほのかな吟醸香があり、さらりとした旨みが印象的。気付けばスイスイといくらでも飲んでいる、そんな日本酒だ。

● 田中六五 糸島産山田錦純米酒 1800ml(楽天市場で購入)

賀茂金秀 特別純米13

賀茂金秀(かもきんしゅう)の実力

酒都西条。広島西条は、伏見、灘と並ぶ近世の酒処として知られるが、そのような場所にあって、近年特に注目を浴びているのが賀茂金秀。5代目蔵元金光秀起氏を中心として革新を推し進め、「金秀」を醸造。現在最も注目される蔵のひとつとなっている。この日本酒には、アルコール度数を13度に抑えた飲みやすさがある。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

新しい日本酒のかたち 賀茂金秀特別純米13

エレガントなボトルに身を包むこの日本酒は、ワイン並みのアルコール度数。開栓すると、ふわりと漂う果実香。口に含めばフレッシュ燗に圧倒され、若き力の凄さを実感する。この低アルコール日本酒が、加水なしの原酒というから驚きだ。

醸造元 金光酒造合資会社
分類 特別純米
酒米 麹)雄町 掛)八反錦
精米歩合 麹)50% 掛)60%
酵母
アルコール度 13度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●酸と甘みのバランスよさが際立つ。爽やかでスッキリと飲みやすく、キレもよい。
●原酒で13度と低アルコールながら、米の味をしっかりと味わうことのできるジューシーで飲みやすいお酒です。(金光酒造ホームページ)

● 賀茂金秀(かもきんしゅう) 特別純米 原酒 720ml(アマゾンで購入)

● 賀茂金秀 特別純米13 1800ml(楽天市場で購入)
● 賀茂金秀 特別純米13 720ml(楽天市場で購入)

嘉美心 備中流 大吟醸

嘉美心(かみこころ びっちゅうりゅう)の実力

軽快で雑味が少ない淡麗旨口の酒質を持つ備中杜氏の伝統技術、備中流。全国有数の「甘口蔵」として知られる嘉美心の会心作は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」3年連続最高金賞。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

きれいな旨みに魅了される 嘉美心備中流

おだやかに美味しくて、飲むほどにやさしい気持ちになってくる。これが神心というものなのか。

醸造元 嘉美心酒造株式会社
分類 大吟醸酒
酒米
精米歩合 50%
酵母
アルコール度 14度
日本酒度 +3
酸度 1.3
アミノ酸度

受賞歴

●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」メイン部門最高金賞。
●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」メイン部門最高金賞。
●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015」メイン部門最高金賞。

テイスティング

●爽やかな吟醸香。しかしそれが心地よい。やや辛口ではあるが、ほんのりと甘みも広がり、美しい余韻。
●冴えた吟醸香と軽めのアルコール度数が織りなす端麗で上品な飲み口の大吟醸酒。少し辛めのスッキリとした味わいは、女性や日本酒があまり強くない方にピッタリです。(嘉美心酒造ホームページ)

● 嘉美心 備中流 大吟醸 14度 1800ml(アマゾンで購入)

● 備中流 大吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

月山 純米吟醸

月山(がっさん)の実力

島根県の酒なのに「月山」と名付く所以は、この地にある富田城がある山を「月山」と呼んでいたから。むかし、一番良い仕上がりの酒を「月山」と名付け、一番樽として殿様へ献上していた歴史がある。この純米吟醸は、旨い日本酒として多くのメディアに取り上げられ、広島国税局清酒鑑評会「味を主たる特徴とする清酒」部門で優等賞を連続受賞している。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

これぞ月の雫か 月山純米吟醸

ドジョウ掬いの町で生まれた日本酒は、とても優しい。月の雫が月山にかかり、その水が一方はドジョウの住処となり、一方は人を酔わせる。ワイングラスに注いで月光を呼び込めば、秋の匂いが香り立つ。

醸造元 吉田酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 佐香錦・改良雄町
精米歩合 55%
酵母
アルコール度 15.5度
日本酒度 +3
酸度 1.7
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●やさしい柑橘香。飲むと米の甘みが膨らみ、滑らかな旨みを感じる。キレもよい。

●華やかな吟醸香と、骨格のしっかりした味わいが特徴です。酸による引き締めも程よく、キレ味も併せ持つバランスの良いお酒です。(吉田酒造ホームページ)

● 月山 純米吟醸 1800ml(アマゾンで購入)

● 月山 純米吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

日置桜 特別純米 青水緑山

日置桜(ひおきざくら せいすいりょくざん)の実力

日置桜の定番。蔵がある青谷の自然をコンセプトにし、書家「柴山抱海」氏がラベルデザインを請け負った。サライ2018年1月号に、洋風メニューに合うと評された日本酒。。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★
高 級 感 : ★★

大自然から生まれた日本酒 日置桜

桜の銘とは裏腹に、力強い旨みが押し寄せてくる。桜とは言え、これは、青々と茂る森の中に堂々と自己主張する赤い花か。この酒を飲めば、散り際だって派手にならざるを得ない。涙などとは無縁の酒のように思う。

醸造元 有限会社山根酒造場
分類 特別純米酒
酒米 山田錦・玉栄
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +7.0
酸度 2.2
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●口をつけた刹那、米の旨みが押し寄せてくる。それとともに心地よい辛さが広がり、スパッときれる。

豊醇無盡たかちよ

たかちよ(ほうじゅんむじんたかちよ)の実力

新潟の酒なのに端麗辛口ではない。むしろその対極にあるフルーティーな日本酒。扁平精米により、効率的に精米を施した米が、ラベル色に応じて様々な果実に変化する。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

日本酒でできたフルーツ 豊醇無盡たかちよ

果実を目指す日本酒。ラベル色に応じ、リンゴ、ブドウ、モモなどなど。しかし、杯を重ねるほどに思う。果実こそ酒から生まれたものなのではないだろうか。

醸造元 高千代酒造株式会社
分類 純米酒
酒米
精米歩合
酵母
アルコール度 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●種類により味わいにも大きな違いがあるが、ただどれも素晴らしくフルーティー。

七本鎗 純米吟醸 吟吹雪

七本鎗(しちほんやり)の実力

室町時代に創業したという酒造で、実直に造られる日本酒。北大路魯山人が愛した蔵でできるこの酒は、玉栄と山田錦を掛け合わせ、滋賀で生まれた酒米「吟吹雪」を使用。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

無骨な日本酒 七本鎗

賎ケ岳の七本槍で知られる武将たちも、この蔵の酒を飲んだだろうか?そう思いながら注ぐ酒は、意外とスッキリ飲みやすい。が、しかしスパッとキレ味がいい。そのキレ味に惚れ込んで飲ってるうちに、すっかり打ち負かされて倒れ込む破目に。やっぱり武将の酒であった・・・。

醸造元 冨田酒造有限会社
分類 純米吟醸酒
酒米 吟吹雪
精米歩合 55%
酵母 協会1401号
アルコール度 15度
日本酒度 +5
酸度 1.8
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●口に含めば米の旨みがふわっと広がる。そのあと押し寄せる酸が心地よい。キレもいい。

● 七本鎗 純米吟醸 吟吹雪(楽天市場で購入)

三芳菊 残骸

三芳菊(みよしぎく ざんがい)の実力

最近、東京でも密かな人気を集める三芳菊酒造の酒。見た目も中身も個性際立つ「三芳菊」。毎度楽しませてくれるラベルも、「残骸」というネーミングにより、よりあやしく。しかし飲み口は、残骸にしては恐ろしくフルーティー。これが三芳菊の「責め」!山田錦(30%)・雄町(30%)・五百万石(40%)の責めをブレンドしたという造りもユニーク。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

ラベルも痛々しい残骸 三芳菊

失敗を引きずり、残骸となってしまった夜、この酒をすすった。どうぜ残骸だろうと、火にかけてくれと頼むと断られ、「冷え冷えとやる方がいい」と。冷たいままコップに注いで、こうなりゃ一気飲み・・・。だが、それが口に触れた瞬間、「!!!!!」。
なるほど、酒の残骸とは責めて輝く。攻め続けた果ての果実なのだ。

醸造元 三芳菊酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 山田錦・雄町・五百万石
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 17度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●花のような吟醸香。舌の上で甘酸っぱさが広がり、雑味とともに消えていく。

● 三芳菊 残骸 責めブレンド 生酒 1800ml 徳島県 三芳菊 日本酒(アマゾンで購入)

● 三芳菊 残骸(楽天市場で購入)

蓬莱 純米大吟醸 色おとこ

蓬莱(ほうらい いろおとこ)の実力

ナンバーワンホストからの依頼でつくられたという日本酒。第10回インターナショナル・サケ・チャレンジ2016「純米大吟醸」部門ではトロフィーを獲得している、折り紙付きの旨い酒。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

女の敵か味方か 蓬莱色おとこ

ラベルの顔はひどいもんだ・・・と思いながら飲んでいた。しかし、盃がひょいひょい空いていくもんだから、いつの間にかそれが美男に見えてきた。
いけない。この酒は、ぜったい娘に飲ませてはいけない。

醸造元 有限会社渡辺酒造店
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 45%
酵母 蓬莱酵母
アルコール度 15.5度
日本酒度 +3
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1

受賞歴

●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017大吟醸部門金賞。
●DLG2016(ドイツ農業協会国際品質競技会)金賞。
●第10回インターナショナル・サケ・チャレンジ2016「純米大吟醸」部門トロフィー。
●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015大吟醸部門金賞

テイスティング

●華やかな吟醸香。ほのかな酸味に包まれる甘みが口いっぱいに広がり、果実を口に含んだかのような感覚がある。

● 蓬莱 色おとこ純米大吟醸1800ML(アマゾンで購入)

● 蓬莱 純米大吟醸 色おとこ(楽天市場で購入)

羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒

羽根屋(はねや きらび)の実力

今や全国区となった「羽根屋」を代表する限定日本酒。ANA国内線プレミアムクラスにも採用された、現在有数の注目度を誇る日本酒。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

これから大ブレークするかもしれない 羽根屋

「夜空を彩る花火」とラベルに記されてはいるが、むしろ富山湾に煌くホタルイカではないだろうか。喉元を過ぎるたびに、透明感のある光が騒ぐのを胸で感じる。それがうれしくて、いくつも杯を重ねるうちに、頭は光で覆いつくされて真白になった。翌日、真昼の光の中に目覚めた。

醸造元 富美菊酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 五百万石
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +3
酸度 1.5
アミノ酸度

受賞歴

●全米日本酒歓評会2014金賞

テイスティング

●上立ち香は花のよう。口に含むと、透明感のある甘みが広がり、ストンと喉元に消えていく。
●全ての酒を大吟醸のように醸す。蔵元杜氏が魂を込めて醸す酒。ほとばしる美味しさをそのまま詰め込んだ生原酒です。夜空を彩る花火の艶やかな煌きのようでいて、海のように優しく包みこむ。心に染みるような優しいお酒です。(ラベル)

玉乃光 純米吟醸 祝

玉乃光(たまのひかり)の実力

京都の酒米「祝」を使用し、花柄のめでたいラベルに身を包む。熊野の速玉神社を信仰して生まれた、まさに祝い酒にうってつけの日本酒。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

京都で人気の伏見の銘酒 玉乃光

いつもの飾り気ないぐい呑みを準備してやめた。この酒は、やはり盃で飲むべきだ。しかし手持ちがないので、あわてて探してきて、注いでみる。黒い盃にあふれる滴は澄んでいて、本当に玉のようだ。100均の盃でさえ、この瓶のそばに置けば漆塗りの気品を見せるから不思議だ。

醸造元 玉乃光酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 16.2度
日本酒度 +2.0
酸度 1.8
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●ほのかな吟醸香。口に含むとやや辛口のテイストながらほんのりと旨みが広がり、スーッとキレていく。
●熱心な農家と行政などの協力により復活した京都産の酒米「祝」だけで醸しました。京友禅のようなほのかな吟醸香。バランスのとれた、はんなりとした味わいです。(玉乃光酒造ホームページ)

● 玉乃光 純米吟醸 祝100% 1800ml [京都府](アマゾンで購入)

● 玉乃光 純米吟醸 祝 1800ml(楽天市場で購入)

恵 いづみ橋 海老名耕地

いづみ橋(めぐみ いづみばし えびなごうち)の実力

「栽培醸造蔵」として酒米栽培から精米・醸造まで一貫して行う全国に知られた蔵の、最も辛口の日本酒。米は、「さがみ酒米研究会」の会員農家と連携して収穫した山田錦。あえて精米を80%に抑え、米の旨みを残した日本酒。燗で飲むのがおすすめ。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★
高 級 感 : ★★

低精米の超辛口日本酒 いづみ橋の恵

辛い。しかし、燗にするとその辛さがクセになる。
あえて粗削りのまま、甘さはまるで残さない。この酒は、静かに背中で飲む酒だ。

醸造元 泉橋酒造株式会社
分類 純米酒
酒米 海老名産山田錦
精米歩合 麹)60%、掛)80%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +15~+20
酸度 1.8
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●ほのかな米の香が漂い、旨みとともに辛さが口の中を駆け巡る。しっかりとした造りの酒で、食がすすむ。
●低精米純米酒。お燗用です。出汁重視の和食、塩味、焼き鳥(肉)などと好相性。泉橋酒造で最も辛口のお酒です。(泉橋酒造ホームページ)

● いづみ橋 恵 海老名耕地 純米酒 泉橋酒造 1800ml(アマゾンで購入)

● 恵 いづみ橋 海老名耕地(楽天市場で購入)

屋守 純米 おりがらみ

屋守(おくのかみ)の実力

富の象徴ヤモリをブランドイメージに持つ屋守。明治神宮や神田明神へ御神酒「金婚」を収め、白酒の元祖として有名な蔵で2002年に生まれた「屋守」は、ジューシーな味わいでファンを増やしている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★

広重も描いた江戸の地酒を継承する 屋守

東京にだって地酒はある。その筆頭に挙げたいのが「屋守」。江戸時代に「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と謳われた名門で、現代の白酒「おりがらみ」。江戸の夢が、発泡感とともにフレッシュにカムバック。

醸造元 豊島屋酒造株式会社
分類 純米酒
酒米 八反錦
精米歩合 麹)50% 掛)55%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 ±0
酸度 1.3
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●フルーティーな香りが広がる。口に含めば、発泡感とともにキメ細かな澱が舌の上を転がり、旨みと甘さが上手くバランスを取りながら広がっていく。
●豊島屋酒造を守り続けていく気持ちと酒販店様、料飲店様の繁栄を守るような作品を醸し続ける思いから銘名いたしました。限りなく手作業重視の小仕込を行い、「香りよく優しい味わい」をコンセプトに醸し、全量無調整(無濾過・無加水)、全量ビン貯蔵を行っております。(豊島屋酒造ホームページ)

東薫 大吟醸 叶

東薫(とうくん かのう)の実力

名工・及川杜氏を擁し、全国新酒鑑評会金賞の常連となった東薫。その東薫の最高ランクとも言える日本酒が「叶」。全国新酒鑑評会金賞は16回を数える。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

超絶的な甘みを持つ日本酒 花陽浴

能にも登場する、酒の精・猩々が描かれたラベル。この日本酒は、尽きることのない酒。猩々から得ることのできる夢かもしれない。飲めば若かりし頃の夢甦り、明日また走って行けそうな気がする。
その気になれば夢は叶う。夢とは、身の丈に応じてあるものだから。

醸造元 東薫酒造株式会社
分類 大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 35%
酵母
アルコール度 17度
日本酒度 +3
酸度 1.2
アミノ酸度

受賞歴

全国新酒鑑評会金賞(16回・2017年現在)

テイスティング

●華やかな香りはバランスよく、口に含めばさらりときれいに旨みが広がる。キレもいいが、余韻もまた心地よい。
●鑑評会出品酒と同等の酒を提供。山田錦を35%以下の精米で酒袋しぼりでゆっくりと時間と手間をかけた及川杜氏の自信作。味・香り・すべてにバランスが取れた芸術的な酒。淡麗でまろやか。馥郁(ふくいく)とした香りが口中に広がり、飲む程に吟醸酒の風格が漂う。(東薫酒造ホームページ)

● 東薫 大吟醸 叶  1800ml (アマゾンで購入)

● 東薫 大吟醸 叶 1800ml(楽天市場で購入)

MIZUBASHO PURE

MIZUBASHO(みずばしょう ぴゅあ)の実力

シャンパンの製法を取り入れた「瓶内二次発酵」による発泡性清酒で特許を取得し、2016年に設立したawa酒協会を背負って立つ日本酒。2009年太平洋島サミットレセプション乾杯酒、2008年東京国際映画祭ウェルカム酒に採用され、世界の乾杯酒になることを目指している。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

シャンパンと互角に渡り合える水芭蕉

従来の発泡性日本酒とは一線を画す辛口の本格的「awa酒」。まるでシャンパンのようなボトルに身をくるみ、開栓時の音も心地よい。まるで尾瀬を潤す水のように澄み切った酒をグラスに注げば、いつまでも爽やかな音が弾け続ける。

醸造元 永井酒造株式会社
分類 普通酒
酒米 山田錦
精米歩合 50%
酵母
アルコール度 13度
日本酒度 +10
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」スパークリングSAKE部門最高金賞。

テイスティング

●フルーティで飲みやすい。緻密な泡は喉を潤し、辛口ながら程よい甘みを含む。後口のドライ感がくせになる。
●世界初の瓶内二次発酵による発泡性清酒。シルキーで美しい一筋泡。世界での乾杯酒を目指す。(永井酒造ホームページ)

● 水芭蕉 ピュア 瓶内二次発酵 MIZUBASHO PURE 群馬県永井酒造 720ml(アマゾンで購入)

● MIZUBASHO PURE 720ml(楽天市場で購入)
● MIZUBASHO PURE 360ml(楽天市場で購入)

北雪 超音波熟成 超熟酒

北雪(ほくせつ ちょうじゅくしゅ)の実力

超音波を用い、熟成を速めた超辛口の日本酒。「波に揺られた酒はうまい!」という漁師の言い伝えをもとに実験を繰り返し、味・香りともに数段引き立つ事を確認。それを「超音波」によって実現した酒だという。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★
高 級 感 : ★★

新酒であっても古酒の趣を持つ北雪超熟酒

超辛口なのにまろやかさも感じられるのは、超音波のなせる業か。「酔い覚めのすがすがしさには特筆すべきものがある」とのラベル書きに、おもわずスイスイ飲んでしまった。いかんせん、旨かった。飲みすぎた翌朝、頭に超音波が宿り、いつもの二日酔いの一日が始まった・・・

醸造元 株式会社北雪酒造
分類 普通酒
酒米 五百万石
精米歩合 68%
酵母 協会7号
アルコール度 15.5度
日本酒度 +15
酸度 1.2
アミノ酸度 0.5

受賞歴

テイスティング

●米の香が立ち、口に含むとさらりと広がるとともにまろやかな旨みも押し寄せてくる。
●従来の酒造りでは不可能だった、「新酒の鮮度と古酒の熟度の両立」が可能となり、豊醇な香りとさらりとした飲み口を達成することが出来ました。また、酔い心地の軽やかさと酔い覚めのすがすがしさには特筆すべきものがあります。(北雪酒造ホームページ)

● 北雪 超音波熟成 超熟酒(楽天市場で購入)

国士無双 純米大吟醸

国士無双(こくしむそう)の実力

昭和50年に誕生した「国士無双」は、淡麗辛口ブームを先導した。この純米大吟醸は、北海道で生まれた酒米「彗星」を用いた北海道限定品ながら、2017年10月にはJAL国内線ファーストクラスにも採用されている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

北海道を代表する国士無双の北海道限定品

北海道の地形が入ったラベルを見ると、どうも牛乳を連想してしまう。そう思いながらひとくちすすると、そんな重ったるさは吹っ飛んだ。酒米に彗星を使ったとあって、爽やかに駆け巡るような引き締まった辛さ!

醸造元 高砂酒造株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 彗星
精米歩合 45%
酵母
アルコール度 15~16度
日本酒度 +5~6
酸度 1.3
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●フルーティーな上立香。口に含むと、爽やかさの中に十分な旨みが見え隠れする。キレよし。
●北海道産酒造好適米「彗星」を100%使用。北海道の酒米を北海道で醸し、北海道の四季と自然をまるごと封じ込めたこだわりの一本です。洋梨のようにフルーティーな香りと飲み飽きしない穏やかな飲み口をお愉しみください。(高砂酒造ホームページ)

● 純米大吟醸酒 国士無双 北海道限定 720ml(アマゾンで購入)

● 国士無双 純米大吟醸(楽天市場で購入)

一ノ蔵 無鑑査 本醸造 辛口

一ノ蔵(いちのくら むかんさからくち)の実力

昭和52年に、当時存在した酒税法・級別制度に一石を投じた日本酒。特級酒並みの酒でありながら手軽な価格の2級酒として販売し、多くの支持を得た。その酒は、今でも一ノ蔵の定番として人気を誇り、コストパフォーマンスに優れた日本酒として認識されている。

稀 少 感 : ★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★

昭和の味わいを残す 一ノ蔵無鑑査

ラベルの説明書きが誇らしい。いわば、昭和の時代を生きた「不良」である。飾り気のない辛口で、飲めば飲むほどしみじみとしみてくる。独自の哲学でもって生き残ってきたこの日本酒に完敗。

醸造元 株式会社一ノ蔵
分類 本醸造酒
酒米 トヨニシキ他
精米歩合 65%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●辛口とは言え、甘みと旨みが押し寄せてくる。すっきりとした味わいでキレもよく、5℃くらいに冷やして飲めば最高。
●落ち着いた馥よかな香りと、すっきりとした味わいが調和する、飲み飽きしない当社の定番酒です。一ノ蔵ロングセラー商品です。(一ノ蔵ホームページ)

● 一ノ蔵 無鑑査本醸造 辛口(黄) 1800ml(アマゾンで購入)

● 一ノ蔵 無鑑査 本醸造 辛口 1800ml(楽天市場で購入)

純米吟醸 八海山 しぼりたて原酒 越後で候

八海山(はっかいさん えちごでそうろう)の実力

実直な酒造りで知られる八海山は、酒どころ新潟の代表。12月限定販売のこの純米吟醸しぼりたて原酒にはファンが多い。軟水で醸した通称「赤越後」は、長期低温発酵で、優しくスッキリとした口当たりに仕上がっている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

さすがと唸らずにおれない 八海山

このところ芳醇旨口の酒に押され気味とは言え、いまだ衰えを知らない八海山。端麗辛口の代表とも言える銘柄ながら、この「越後で候」は一味違う。口当たりがやさしく、まるで雪に覆われた山に降り立ったような気持になる。しかし、そこからがさすがの八海山。喉ごし良く、見事なキレ味にノックダウン。

醸造元 八海醸造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 山田錦(麹米・掛米) 五百万石他(掛米)
精米歩合 50%
酵母 協会701号 M310
アルコール度 17.5度
日本酒度 ±0
酸度 1.8
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●香りは穏やかで、原酒というのにまるで水のようにスイと広がっていく。それでいて旨み十分。キレのよさはさすが八海山。
●八海醸造が培った技術のもと、長期低温発酵にて丁寧に仕込まれます。純米ならではのまろやかさを残し、しぼりたて原酒のフレッシュな荒々しさだけではない洗練された旨みを追求しました。(八海醸造ホームページ)

特別純米酒 田酒

田酒(でんしゅ)の実力

田酒というだけあって、田んぼから生まれた米以外は何も使用していないというその純米酒は、最高。1974年に発売されてから知名度を上げていき、1982年の「特選街」で一番の評価を受けてブレーク。現在でも旨い酒としての地位を守り続けている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

風格あるホンモノの日本酒 田酒

どんなに熱く日本酒談議をしていても、目の前にデン!と置くと誰もが黙ってしまう。それほど存在感ある酒。まるで野武士のようで、この酒は黙って飲むに限る。

醸造元 株式会社西田酒造店
分類 特別純米酒
酒米 華吹雪
精米歩合 55%
酵母
アルコール度 15.5度
日本酒度 ±0
酸度 1.5
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●米の旨みがふわっと広がり、やさしい酸味が後を追いかけるようにやってくる。心地よい後味に酔う。
●青森県産酒造好適米「華吹雪」を使用した地酒の銘品。旨口ながらコクがあり、飲み飽きしないすっきりした味。(西田酒造店ホームページ)

● 田酒 特別純米 1800ml(アマゾンで購入)

● 特別純米酒 田酒(楽天市場で購入)

黒龍 大吟醸 龍

黒龍(こくりゅう りゅう)の実力

ワインの熟成を応用し、1975年に業界に先駆けて商品化された大吟醸酒。当時、日本一高価な日本酒として発売。5000円の値段をつけた一升瓶は人々を驚かせながらも、一時的な話題作りで終わるものだと思わせた。しかし、発売から40年以上が経過した現在でも、有数の人気を誇る日本酒として存在し続けている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★

大吟醸のパイオニア黒龍の真髄

「龍」といういかつい名前を持ちながらも、その繊細さは特筆もの。龍が潜む水源の水を酌んできたに違いない。これならば、決してトラになることはないだろう。

醸造元 黒龍酒造株式会社
分類 大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 40%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +4
酸度 1.2
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●メロンのような香りを持ち、水のようにさらさらと飲めてしまう。繊細で非常にきれいで、キレが良い。
●ワインの熟成を応用し、全国に先駆けて1975年に発売したロングセラー大吟醸酒。蔵人の情熱が上品な果実香と上質な味わいを生み出します。(黒龍酒造ホームページ)

● 黒龍 大吟醸 龍 1800ml(アマゾンで購入)

● 黒龍 大吟醸 龍 1800ml(楽天市場で購入)

仙禽 雪だるま

仙禽(せんきん ゆきだるま)の実力

ドメーヌ化を視野に入れて日本酒造りを行う「せんきん」は、マスコミへの露出度も高く、有数の有名蔵として君臨する。その「せんきん」が、季節ごとに醸すお酒は、どれもユニーク。冬の「雪だるま」は、発泡感の残るにごり酒。しかも純米大吟醸!

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

雪のように真っ白な純米大吟醸 仙禽雪だるま

ラベルがあまりにシンプルで可愛らしく、笑ってしまう。そのスペックからすれば、もっと高級感を押し出してもいいのに・・・と思ってもみるが、そこが仙禽の良さなのかもしれない。ひと口すすれば、雪というよりは、真白な真綿を口に含むようで、ほんのりと甘さがしみわたる。その発泡感は、窓に降りかかるボタン雪を見るかのようで、心地よい。この酒を飲み続けられるならば、一年中冬であってもかまわない。

醸造元 株式会社せんきん
分類 純米大吟醸酒
酒米 麹)栃木県さくら市産山田錦 掛)栃木県さくら市産ひとごこち
精米歩合 麹)40% 掛)50%
酵母
アルコール度 13度
日本酒度 -20
酸度 2.0
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●爽やかな発泡感とともに、舌の上になめらかに広がる甘さが心地よい。意外にもキレもあり、とても飲みやすい酒に仕上がっている。

醸し人九平次 純米大吟醸 別誂 山田錦

醸し人九平次(かもしびとくへいじ べつあつらえ)の実力

三ツ星レストランに置かれ、海外から火が付いた「醸し人九平次」のフラッグシップ。ワインを見据えた日本酒造りを実践し、その味わいは最高にエレガント。ポスト「十四代」の呼び声高い、新しい世代の日本酒。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★

エレガントな希望の水 醸し人九平次

ラベルに輝く「EAU DU DESIR」の文字。醸し人九平次は、「希望の水」を醸し出す。「希望の水」は、驚くべき透明感で体内を走り抜け、恍惚感を与えてくれる。今、ワインに飽きた西洋では、九平次が人気だという。閉塞感に希望を見いだせない日本人にこそ必要な酒だというのに・・・

醸造元 株式会社萬乗醸造
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 35%
酵母
アルコール度 16.5度
日本酒度 ±0
酸度 1.6
アミノ酸度 1.1

受賞歴

テイスティング

●リンゴのような香り高く、口に含めば蜜のような甘みが心地よいかすかな渋みとともに広がって行く。余韻も長く、リッチな気分にさせてくれる日本酒だ。
●醸し人九平次シリーズの、フラッグシップがこの「別誂」。しかし、何をもってフラッグシップと名乗れるのか?それは、一度口にすれば明確。細胞が感じとる圧倒的な密度とエネルギー。フラッグシップを名乗るのに、十分すぎる理由です。(萬乗醸造ホームページ)

梵 夢は正夢 純米大吟醸

梵(ぼん ゆめはまさゆめ)の実力

多くのコンテストに入賞し、其の名前の良さもあって、祝い酒として贈られてきた経緯もある。イチローや松井秀喜も、この酒を嗜み、夢を大きくふくらませたのであろう。パーカーポイント(2016年)は92ptsと、海外での評価も高い。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

生まれ変わるための日本酒 梵(Born)

有名な日本酒ながら、あまり市場でお目にかかったことがない。それほど夢は手に入りにくいものなのか。しかし、ひとたび手に入れたならば、新しい自分に生まれ変わったような気がする。昨日まで距離を置いていた自分が、この酒を飲むだけでグッと近づいてくる。美味いものを美味いと言える自分・・・そんな自分がそこにある。

醸造元 合資会社加藤吉平商店
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 35%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +2
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●ロサンゼルス国際ワイン・スピリッツ・コンペティション2017純米大吟醸の部 ゴールドメダル
●TEXSOM・インターナショナル・ワインアワード2017純米大吟醸の部 ゴールドメダル
●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 金賞
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016 銀メダル
●全米日本酒歓評会2016 銀賞
●全米日本酒歓評会2015 銀賞
●全米日本酒歓評会2014 金賞
●2003年秋季「全国酒類コンクール」古酒部門第1位

テイスティング

●バランスのよい青りんごの香り。きれいな酸に特色があり、心地よい余韻が味わえる。
●ハチミツ、トースト、ジャム、青りんごそしてクリームの複雑な花束のよう。エキゾチックな果物の香りを放ち、長くてミネラルなフィニッシュを感じる。(RPWAマーティン・ハオ氏のテイスティングコメント抜粋)
●マイナス 8度C 5年熟成 純米大吟醸酒。どっしりとした落ち着いた深くて素晴らしい香りと、しっとりとしたなめらかな味で、あと味が名刀のように切れるお酒です。まさに感動を生む日本酒です。この日本酒は、スポーツをはじめ、各界で、世界的に活躍している多くの皆様が、ご自分の夢の祈願の為や、夢が実現した時の御祝いとして数多く使用されています。(加藤吉平商店ホームページ)

● 梵夢は正夢純米大吟醸(アマゾンで購入)

● 梵 夢は正夢 純米大吟醸(楽天市場で購入)

東洋美人 壱番纏

東洋美人(とうようびじん いちばんまとい)の実力

集中豪雨による被害から再起し、全国区の人気を誇る「東洋美人」の最高峰。「壱番纏」とは、一番の晴れ着の意。2016年12月15日の日露首脳会談でふるまわれ、プーチン大統領から「ほどほどにしないといけない」と言われた日本酒。それほど美味で、プーチン大統領のお気に入りになったとか。一時は全く手に入らない状況となった。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

獺祭と並ぶ山口県の代表 東洋美人

ラベルの美人が怖くて、ちびりちびりとやりはじめた。こんなにおいしいのに、今までなにをしていたの?・・・ボトルの方に目をやると、何か叱られているような気がする。
しかし、この美人、あまりの人気でなかなかお目にかかれなかったのだ。味わいは優しく、ひとくち飲めば、ラベルの顔からくる恐ろしさを解いてくれる。甘さを感じる辛口のタッチは、キレ味鋭く、すぐに心地よさとなった。しばらくは、このボトルを抱いて眠ろう。

醸造元 株式会社澄川酒造場
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 40%
酵母 県産酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +5
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●穏やかな吟醸香。口に含むとやさしい甘さが広がりバランスよい旨み。キレよし。

● 東洋美人 純米大吟醸 一番纏 720ml(アマゾンで購入)
● 東洋美人 壱番纏(楽天市場で購入)

而今 特別純米

而今(じこん)の実力

2005年にはじまった「而今」ブランドは、今や全国区。柑橘系の香りと評判の日本酒は、入手困難でプレミアムがつく。この特別純米は比較的流通している、而今の定番。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

柑橘系の香りを持つ日本酒 而今

「只今、この時を生きる」というような意味を持つらしい「而今」。早速に猪口に注げば、そのアタックの強さに気持ちも乗ってくる。辛口ながらも心地よく、酒評は甘め。ついつい坏を重ねて、いつの間にやら足元がおぼつかない。これでは、この時をやりすごすことさえできはしない。仕方なく、大の字になってひと眠りする。

醸造元 木屋正酒造合資会社
分類
酒米 山田錦
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 ±0
酸度 1.7
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●穏やかな柑橘の香りで、口に含むと、辛さを前面に押し出しながらバランスよい酸味が広がる。キレもよい。
●爽やかな香りと、自然な旨味と酸味。料理に合わせやすい定番の1本。(木屋正酒造ホームページ)

● 而今 特別純米 火入れ 1800ml(アマゾンで購入)
● 而今 特別純米 1800ml(楽天市場で購入)

七田 雄町50 純米吟醸

七田(しちだ)の実力

2017年、フランスの日本酒コンクール「KURA MASTER」の第1回大会で見事プレジデント賞(全体の1位)を獲得した日本酒。フランスの上質な白ワインと似ているとの評もある。酒米雄町での醸造を得意とする七田の、真骨頂とも言える日本酒。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

ワインの国フランスを魅了する 七田

2017年に初めて開催された「KURA MASTER」は、トップテンに七田が3つも入るという快挙を成し遂げ、この純米吟醸が1位となった。なるほど、フランスのイメージにピッタリの上品な香りと味わい。まるで、リンゴを齧っているかのような錯覚に陥ってしまう。
このところ海外での日本酒コンクールが熱を帯びてきているが、このままでは美味い日本酒がどんどん海外に流出してしまう!?「ちょっとオマチ!」とストップをかけねば・・・

醸造元 天山酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 雄町
精米歩合 50%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +2.7
酸度 1.3
アミノ酸度

受賞歴

●Kura Master 2017 プレジデント賞・純米大吟醸部門プラチナ賞
●第9回雄町サミット吟醸酒の部 優秀賞
●全米日本酒歓評会2017 金賞

テイスティング

●穏やかな吟醸香。リンゴのような甘みを持ち、キレもよい。

● 七田 雄町50 純米吟醸(楽天市場で購入)

新政 NO.6 X-type

新政(あらまさ)の実力

最古のきょうかい酵母・6号酵母を分離したことで知られる新政酒造。最近は、自社酵母・無添加・秋田産の原料米という3原則に従い、生もと純米造りというこだわりぬいた酒造りを行っている。また、特定名称酒の区分とは一線を画し、ボトルも一升瓶を使わないなど、問題提起をしながら業界の先頭を走り抜ける新政酒造。その新政酒造のフラッグシップモデルとなっているのがこの「NO.6」で、X-type は最上位モデルだ。日本酒界の現状と未来を知るには、絶対に飲んでおかなければならない逸品だ。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★

革新的な日本酒 新政NO.6

「6番」のラベルを掲げているが、誰もが認めるトップランナー。一介のファンが勝負を挑めば、いきなり強烈なボディーを食らってしまう。甘い奴と見て、油断したら命取り。特徴的な酸が突き抜け、身体はすでに動かない。そしてしみじみと噛みしめるような旨みに包まれ、そこから僕は再生するのだ。グラスを空にした時には踊り出していた。

醸造元 新政酒造株式会社
分類
酒米 秋田県産酒造好適米(主に麹米に「吟の精」・掛米に「酒こまち」)
精米歩合 30%
酵母 六号酵母
アルコール度 15度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●リンゴのような上立ち香を持ち、アタックは強い。複雑で味わい深い酸味が特徴で、エレガントながらパワフルでもある。
●磨きこまれた米を用いるため、より格調高い仕上がりであり、6号酵母の清楚にして力強い存在感をもっとも鮮やかに感じ取れるのがこのX-Typeであると蔵元は考えている。6号酵母誕生当時の槽口の味わいを、85年の時を超えて想起させる作品であるように願いつつ醸される作品である。(新政酒造ホームページ)

● 新政 No.6 Xタイプ 煌きラベル 740ml(アマゾンで購入)
● 新政 NO.6 X-TYPE(楽天市場で購入)

紀土KID 大吟醸

紀土(きっど)の実力

若者のために飲みやすく親しみやすい甘さに仕上げられた「KID」は、昔からの日本酒ファンにも美味い日本酒として受け入れられている。中でもこの大吟醸は、紀土の方向性を指し示した日本酒だと言える。海外のコンテストでも優秀な成績を収めるコレは、老若男女だれもが満足できる美味しさだ。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

紀州の風土を詰め込んだ酒 紀土

ようやく我儘息子が独り立ちしたというのに、わざわざこんな銘の日本酒を買ってくるなんて。まだ子離れができていないのかな・・・などと思いながら封を切ると、思わず泣けてしまった。
チェリーの香を感じながら口に含むと、辛さを追い越すように甘みが広がり、惜しげもなくスパッと切れる。あとに残るのは涙の苦みだけだ。

醸造元 平和酒造株式会社
分類 大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 35%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +2.5
酸度 1.3
アミノ酸度

受賞歴

●インターナショナルワインチャレンジ2014・2015吟醸酒・大吟醸酒の部ゴールドメダル受賞
●COMPETITION 2014 Free Style Under 5000 部門3位

テイスティング

●サクランボの香りが漂い、口に含むと繊細な旨みと甘みが広がる。

● 紀土 大吟醸 1800ml 山田錦 35% 限定品(アマゾンで購入)

● 紀土KID 大吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

遊穂 純米酒

遊穂(ゆうほ)の実力

UFO目撃多発地帯で醸されるため「ゆうほ」という銘を持つ。料理に寄り添う酒を合言葉に生まれたこの純米酒は、濃醇旨口タイプの骨太な日本酒。しっかりとした旨みの中に、蜜のような甘さをも秘めている。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

宇宙に誘う酔い心地 遊穂

石川県羽咋市に現れるというUFOは、遊穂を仕入れに来るのだろうか。そういえば、UFOは予測不可能な飛び方をして去っていく。あれはきっと酔っ払い運転だ。宇宙には飲酒運転を取り締まる法律はないのだろうか???
いずれにせよ遊穂は、宇宙人だけでなく地球人をも楽しませてくれる酒だ。複雑で深い味わいのこの酒は、少し寝かせると、次元を超えた旨さになる。ついつい飲みすぎて、空を飛べない僕は千鳥足になる。

醸造元 御祖酒造株式会社
分類 純米酒
酒米 山田錦
精米歩合 60%
酵母 県産酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +3
酸度 1.9
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●香りは穏やかであるが、口に含むと米の旨みがボリュームをもって広がり、心地よい酸とともに蜜のような甘みが顔を出す。

● 遊穂 純米 無ろ過生原酒 1800ml(アマゾンで購入)
● 遊穂 純米酒 1800ml(楽天市場で購入)

AKABU(赤武) F NEWBORN

赤武(あかぶ えふ)の実力

震災で被害にあった蔵ながら、若手を中心に2014年に「赤武」ブランドを立ち上げ、ファンを増やしている赤武。「F」は、「For you」のこと。これは、吟醸無濾過生原酒中取り。発泡感が心地よいフレッシュな仕上がりとなっている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

力みなぎるフレッシュ感 赤武

季節限定の NEWBORN。この酒の発泡感は素晴らしい。みずみずしい若さが溢れ出すかのように老身に浸みわたり、たしかに新しい自分へと生まれ変わらせてくれる。心地よい果実の香りも素晴らしく、兜の緒を締めておかなければ、ついつい飲みすぎて昇天してしまう・・・

醸造元 赤武酒造株式会社
分類 吟醸酒
酒米 吟ぎんが
精米歩合 60%
酵母 県産酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +2
酸度 1.4
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●爽やかな吟醸香。発泡感のあとにほのかな甘みが心地よい。キレもいい。
●生まれたてのお酒をそのまま瓶に詰めております。あなたの為に社員一同、心を込めて丹精に醸しました。(赤武酒造ホームページ)

● AKABU F NEWBORN(楽天市場で購入)

花の香 純米大吟醸 桜花

花の香(はなのか おうか)の実力

ワインの国フランスで開催されたはじめての日本酒コンクール「KURA MASTER」(2017年)で、純米大吟醸部門のトップに輝くとともに、審査員特別賞まで獲得した「花の香 桜花」。日本酒のイメージが湧きにくい九州熊本にあって、獺祭を師として孤軍奮闘。2015年に発売されて以降、全日空のファーストクラスにも採用され、全国的に知られる名酒となった。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

名前に違わぬ芳香が特徴 花の香

やさしく撥ね木搾りで丁寧に絞られたこの酒は、まるでプレッシャーのない天真爛漫な香りを持つ。その香に誘われてグラスを取れば、思わず姿勢を正してしまう。そんな上品な雰囲気を持つ日本酒だ。

醸造元 花の香酒造株式会社
分類 純米大吟醸
酒米 山田錦
精米歩合 50%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●KURA MASTER2017 純米大吟醸部門プラチナ賞及び審査員特別賞

テイスティング

●花を思わせる上品な吟醸香。雑味のないスッキリとした酒質で、キレもいい。
●日本一の酒米といわれる山田錦を50%まで磨いて醸した純米大吟醸。澄んだ味わいと上品な香りが絶妙(花の香酒造ホームページ)

● 花の香 純米大吟醸 桜花 1800ml(アマゾンで購入)

● 花の香 純米大吟醸 桜花 1800ml(楽天市場で購入)
● 花の香 純米大吟醸 桜花 720ml(楽天市場で購入)

七賢 大中屋 純米大吟醸

七賢(しちけん おおなかや)の実力

年間製造数量100本という、七賢の最高峰。ウィスキーで知られる山梨の白州に蔵を構える山梨銘醸の酒は、甲斐駒ヶ岳の湧水を用いてピュアな仕上がりとなる。屋号を掲げたこの純米大吟醸酒は、華やかな香りと甘みを持ち、SAKE COMPETITION 2017では、スーパープレミアム部門の最高賞を獲得している。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

ワインの国のウィスキーの町でつくられる日本酒 七賢

明治天皇が宿泊したという立派な酒造でつくられる最高の酒は、杜氏ではなく、米づくりから手掛ける社員さんが造っているという。近くにはサントリーウィスキーの大工場があり、世界的に知られる「白州」をつくっているが、小さなこの蔵のこの日本酒だって、世界の名酒に伍する実力を持っている。2012年、ダボス会議公式レセプション酒になったのもその証。この酒は、心地よい酔いだけでなく、知恵をも授けてくれるだろう。すっきりとしたいい酒だ。

醸造元 山梨銘醸株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 37%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2017 SuperPremium部門1位
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2015 純米吟醸・純米大吟醸の部金賞
●SAKE COMPETITION 2015 純米大吟醸部門6位
●インターナショナル・サケ・チャレンジ 2014 銀賞
●SAKE COMPETITION 2014 FreeStyle部門5位
●SAKE COMPETITION 2012 純米大吟醸部門6位

テイスティング

●華やかな吟醸香は花のよう。口に含むと滑らかな甘みがひろがり、キレもいい。
●お酒を冷やして、ワイングラスでお飲みいただくと美味しくなります。ご自宅にあるワイングラスでお楽しみください。(山梨銘醸ホームページ)

● 七賢 大中屋 純米大吟醸(楽天市場で購入)

ALPHA  風の森 type1

風の森(かぜのもり あるふぁ)の実力

平成25年デビューの「風の森ALPHA」。独創的な技術で日本酒の可能性を追求するブランド「ALPHA」は、新しい挑戦で日本酒ファンを虜にする蔵の真骨頂。純米酒である「type1」には「次章への扉」の肩書があり、シャンパンに似た味わい。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

新たな時代を予感させる日本酒 風の森

この酒の封を切る時は、心しなければならない。空けた刹那、新たなステージが動き出す。それも、ゆっくりではない。瓶の中に封じられたものが泡となって浮き上がり、突然えもいわれぬ芳香に包まれる。グラスに注げば、躊躇いもなく一気に飲み干してしまう。爽やかな飲み心地に、酔いがまわるより早く次を求めた。

醸造元 油長酒造株式会社
分類 純米酒
酒米 秋津穂
精米歩合 65%
酵母
アルコール度 14度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●バナナのような上立ち香。風の森の特徴である発泡感が心地よく、爽やか。キレもいい。
●日本人が日本酒をもっと楽しめる日本酒へ。従来の風の森よりアルコール分を低く(14%)設定しながらも、味わいのボリューム感、果実感を損なわないように醸造いたしました。このお酒が日本酒の世界への扉となるよう、日本酒の多様性への扉となるよう願っています。(油長酒造ホームページ)

● 風の森 ALPHA TYPE1 720ml(アマゾンで購入)

● ALPHA  風の森 TYPE1(楽天市場で購入)

作 穂乃智

作 穂乃智(ざく ほのとも)の実力

2016年の伊勢志摩サミットではコーヒーブレイクにて供され、2017年には SAKE COMPETITION で純米酒部門GOLD1位に輝くなど、優秀な成績を治めた。ガンダム人気から火がついたとも言われているが、今では全国的な人気を誇る「作」。その定番のこの純米酒は、滑らかな甘みを特徴とする。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

世界の首脳が味わった日本酒 作

米の甘みを十分に詰め込んだこの酒は、「ザク」というより「サクサク」と飲めてしまう。伊勢志摩サミットに集った首脳は、世界をどのように作り変えていこうとしたのだろうか。
願わくば、この酒のように甘い蜜が滴り落ちるような世界にして欲しいものだ。いい酒は仲間を呼ぶが、決して争いを引き起こすようなことはない。

醸造元 清水清三郎商店株式会社
分類 純米酒
酒米
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2017 純米酒部門GOLD1位
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017純米酒の部ゴールドメダル
●KURA MASTER 2017 純米部門プラチナ賞
●全米日本酒歓評会2016 銀賞
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016 純米酒部門銀メダル
●SAKE COMPETITION 2015 純米酒部門金賞
●International Wine Challenge 2013 銀メダル
●全米日本酒歓評会2012 銀賞
●International Wine Challenge 2011 銀メダル

テイスティング

●香りは控えめながらもフルーティー。口に含むとなめらかに甘みが広がり、喉元に消えていく。

● 作 穂乃智 1800ml(楽天市場で購入)

獺祭 磨き その先へ

獺祭磨きその先へ(だっさい みがきそのさきへ)の実力

人気ナンバーワンを誇る獺祭の最高峰。スペックは全て非公開ながらも、日本一の純米大吟醸酒蔵「獺祭」の威信をかけて2012年に発売された。今では高級ワインを凌ぐとも評され、2014年のオバマ大統領来日時にプレゼントされた。その翌年には、オバマ大統領主催公式晩餐会の乾杯酒ともなっている。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★★★

日本一の純米大吟醸酒・獺祭の一番の純米大吟醸

米の余分な部分を削り取り、雑味を徹底的に排除していく精米歩合競争は、獺祭が火をつけたと言えるが、この獺祭はすでにそこから脱して「その先」を見据えている。その先には「世界」があるが、この日本酒は、世界の盟主ワインに戦いを挑んでいる。
飲めばわかる。獺祭が打ち立てた華やかな日本酒の魅力をも乗り越えていく日本酒だ。

醸造元 旭酒造株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合
酵母
アルコール度 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

●2017 Los Angeles International Wine Competition シルバーメダル

テイスティング

●ひとことで評せば繊細。雑味がなく水のようであって、なおかつ複雑な旨みが秘められる。喉ごし良く、長い余韻が心地よい。
●近年、「磨き二割三分」に対し高精米分野での追随者が何社か現れたように高精米でひとつの理想型を達成しました。しかし、更にその先を目指したものです。このお酒は「獺祭磨き二割三分」を超えるものとして造られました。品質の方向としては磨き二割三分のより完成されたものとしてではなく、踏まえた上で別のものとして造られています。(旭酒造ホームページ)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 獺祭 純米大吟醸 磨き その先へ 720ml(アマゾンで購入)

● 獺祭 磨き その先へ 720ml(楽天市場で購入)

開運 純米大吟醸

開運 純米大吟醸(かいうん)の実力

「夏子の酒」のモデルとなった蔵で、全国新酒鑑評会で華々しい成績を収める静岡酵母で醸した土井酒造場の最高傑作とも言える純米大吟醸。開運では「大吟醸」を推す声も高いが、SAKE COMPETITION 2017 純米大吟醸部門で1位に輝くという快挙も達成した名酒は、まさに開運の酒。最高峰と言われる兵庫県特A地区の山田錦を40%まで精米。その味わいはピュア。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

めでたさでも引っ張りだこの名酒 開運 純米大吟醸

静岡の酒は侮れない。日本の屋台骨をなす山々を伝った水が、独特の酵母を使って花開く。その甘い香りを嗅ぐだけで気持ちは晴れ渡るというものだが、その神酒をすすれば運も開ける。
この純米大吟醸は、決してその名前だけで人を呼ぶ酒ではない。しっかりとした造りで、真に人を酔わせる酒だ。坏を重ねたならば、人生に酔うことだってできるかもしれない。

醸造元 株式会社土井酒造場
分類 純米大吟醸
酒米 兵庫県特A地区山田錦
精米歩合 40%
酵母 静岡酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +5
酸度 1.4
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2017 純米大吟醸部門1位
●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 金賞

テイスティング

●メロンのような香りが漂い、口に含むとすっきりとした甘みが広がる。
●華やかな香りを引き出した大吟醸よりも少し控えめな香りとなりますが、その爽やかで軽やかな香りが「純米」の魅力です。そして、米由来の力強い味わいは、まさに土井酒造場の純米酒の最高峰といっていいでしょう。(土井酒造場ホームページ)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 開運 純米大吟醸 1.8L(アマゾンで購入)
● 開運 純米大吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

来福 超精米 純米大吟醸

来福(らいふく)の実力

精米歩合8%という市販されている日本酒では最高レベルの超精米で、徹底的に雑味を取り除いたこの酒。SAKE COMPETITION 2016 Super Premium 部門では、見事1位に輝いている。パーカー・ポイント(2016年)も92ptsと、非常に評価が高く、「竹林を通り抜ける風のよう」と評されている。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★★

米の髄からできあがった日本酒 来福超精米

福を求めるということは、こういうことかもしれない。徹底的に不要なものを取り除き、最後に残った核だけを活かす。来福のこの酒は、まるで風のように体内を駆け巡る。まどろっこしい雑味は一切なく、ただ軽快に。しかしその風が過ぎ去った時、ほんとにいいものなんだな・・・と思う。

醸造元 来福酒造株式会社
分類 純米大吟醸
酒米 ひたち錦
精米歩合 8%
酵母
アルコール度 17度
日本酒度 +3
酸度 1.0
アミノ酸度

受賞歴

●SAKE COMPETITION 2016 Super Premium 部門 1位

テイスティング

●華やかな吟醸香を持ち、とても繊細。舌の上で広がる甘みが心地よい。
●竹の葉、緑の草、石のようなミネラル、柑橘の香りが感じられる。完璧ななめらかさ、調和のとれた口当たりで、長く甘いミネラルのフィニッシュ。(RPWAマーティン・ハオ氏のテイスティングコメント抜粋)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 来福 超精米 純米大吟醸 720ml(楽天市場で購入)

福寿 純米吟醸

福寿(ふくじゅ)の実力

ノーベル賞受賞式の晩餐会で使用される日本酒として有名な「福寿 純米吟醸」。この日本酒の売上の一部は、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中所長のiPS細胞研究所に寄付されている。また国際的な日本酒コンクールでも、毎度のごとく受賞しており、世界的にも知られた日本酒となっている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

ノーベル賞受賞者をも魅了する酒 福寿

海外のノーベル賞博士が、わざわざ蔵まで求めに来たというエピソードもあるとか。テーブルの上にこのブルーボトルを置けば、まるで青い鳥と向き合っているような気持ちになる。封を切ったなら、すでに「幸福」は体内を駆け巡っている。

醸造元 株式会社神戸酒心館
分類 純米吟醸
酒米 麹)山田錦 掛)兵庫夢錦
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +2.0
酸度 1.4
アミノ酸度

受賞歴

●インターナショナル・サケ・チャレンジ2017 最高金賞
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017 銀賞
●全米日本酒歓評会2017 金賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2016 金賞
●全米日本酒歓評会2016 銀賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2015 銀賞
●全米日本酒歓評会2015 銀賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2014 銅賞
●全米日本酒歓評会2014 銀賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2012 最高金賞
●ロンドン・サケ・チャレンジ2012 金賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2011 銅賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2010 金賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2009 最高金賞
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ2007 銀賞

テイスティング

●花のような吟醸香が漂い、繊細でなめらかな旨みが舌の上を転がる。
●熟した桜桃のような豊かな香り。フレッシュな果物と滑らかな米の旨味を味わえる。生クリームやカッテージチーズとも素晴らしい相性です。(神戸酒心館ホームページ)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 神戸酒心館 福寿 純米吟醸 1800ml(アマゾンで購入)

● 福寿 純米吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

九頭龍 大吟醸

九頭龍(くずりゅう)の実力

全国的な知名度を誇り、プレミアがつくことでも知られる黒龍。その黒龍の創業200周年を記念して2004年に発売されたのがこの「九頭龍」。大吟醸酒を燗にするなどという、普通では考えられない課題をクリアするため、5年もの歳月をかけて開発されたという。dancyu 2016年3月号では、「ライト燗酒(プレミアム燗酒)」にも選出され、その美味さは折り紙付き。40℃程度のぬる燗で、最高の状態となる。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★★

燗上がりする驚異の大吟醸 九頭龍

冷やでも常温でも美味いが、やっぱりこの酒はぬる燗がいい。燗をすれば、そのアロマが空間を柔らかくし、寒い部屋が一変する。猪口に少しづつ注ぎながら夜を迎えたなら、虎になることもなく、心地よい眠りへと誘ってくれる。

醸造元 黒龍酒造株式会社
分類 大吟醸
酒米 五百万石
精米歩合 50%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +4.5
酸度 1.1
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●燗をしても吟醸香が失われず、むしろ華やかさが増したかのよう。辛口のスッキリとした味わいながら、優しい旨味を持ち合わせる。
●2004年に燗用の大吟醸として生まれた「九頭龍 大吟醸」。熟成により洗練された深い味わいは上品な燗上がりはもちろん、冷やしても秀逸です。(黒龍酒造ホームページ)

紹介ページ

おすすめ 熱燗にしておいしい日本酒

● 黒龍 九頭龍 大吟醸 1800ml(アマゾンで購入)

● 九頭龍 大吟醸 1800ml(楽天市場で購入)

菊姫 鶴乃里

菊姫(きくひめ つるのさと)の実力

白山菊酒で有名な石川県を代表する酒造は、熟成酒の美味さでも知られる。低温でひと夏熟成させたこの山廃純米は、「白山菊酒」の認定を受け、2007年にインターナショナル・ワイン・チャレンジ初代チャンピオンサケとなったことでも知られる。年ごとに異なったラベル色で菊姫会に配布され、適切な管理の後ファンのもとに届けられる。新酒、熟成酒と飲み比べてみるのも面白い。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

白山の神「菊理姫」が生み出す菊姫を代表する山廃純米

縁結びの神として知られる菊理姫。白山なるその御神体を潤した水は、力強い酒となり人々を酔わせる。めでたい名を持つ「鶴乃里」は、濃い味の食材にも引けを取らない主張がありながらも、ぴたりと寄り添う。打解け合った時を持ちたいなら、これ以上に最適の酒はない。

醸造元 菊姫合資会社
分類 純米酒 生もと
酒米 山田錦
精米歩合 65%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 -1
酸度 2.0
アミノ酸度 1.2

受賞歴

●インターナショナル・ワイン・チャレンジ(2007年)チャンピオンサケ

テイスティング

●ほのかなフルーツ香も漂い、口に含むとリンゴのようでもある。重厚な旨みと酸のバランスが良く、コクがある。
●山廃らしい旨みや力強さと、 きめ細かさを兼ね備えた味わいの純米酒です。 IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2007にて初代チャンピオン・サケ受賞。 本物を知る貴方に、ぜひ味わっていただきたい旨さです。(菊姫ホームページ)

紹介ページ

おすすめ 熱燗にしておいしい日本酒

● 菊姫 鶴乃里 純米酒(アマゾンで購入)

● 菊姫 鶴乃里 1800ml(楽天市場で購入)

大七 純米生酛

大七(だいしち じゅんまいきもと)の実力

生もと造り一筋、生もとと言えばまず上がる名が「大七 純米生酛」。扁平精米で丁寧につくられたこの日本酒は、各界から絶賛され、多くの受賞歴を持つ。生もと造りへの回帰も見られる中、日本酒を知るには避けて通れない日本酒だ。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★

むかしながらの造りで現代人を驚かせる酒 大七

この酒を猪口に注げば、酒屋歌が聞こえてきそうだ。ひと口すすれば、着飾ることのないラベルからは想像もできない衝撃。昔ながらの「生もと造り」をひたすら極めようとするこの酒を飲めば、古い時代の酒文化の豊かさを知ることが出来る。そして、それを守りながら発展させてくれた現代の蔵元に感謝だ。

醸造元 大七酒造株式会社
分類 純米酒 生もと
酒米 五百万石
精米歩合 麹)65% 掛)69%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +3
酸度 1.8
アミノ酸度

受賞歴

●地酒大SHOW「酒の肴とピッタリ燗酒」プラチナ賞(2011年)殿堂入り
●地酒大SHOW「夏こそ燗酒」プラチナ賞(2010年)
●地酒大SHOW 「おせち料理と合う日本酒」プラチナ賞(2009年)
●地酒大SHOW 「お燗にして美味しい日本酒」ゴールド賞(2008年)
●地酒大SHOW 「お燗でじっくり飲みたいお酒」第一位(2007年)

テイスティング

●上立ち香は、ほのかな米の香に花の香が重なり合う。なめらかで、生もとらしい力強くも優しい酸味はバランスが取れている。深みのある旨味が印象的。
●15度前後の常温や、ぬる燗。そしてお好みにより熱燗でも。ふくらみのある旨味をもった、クリーミーな料理に。どんな味わいの料理にも合う、懐の深さをもった食中酒。(大七酒造ホームページ)

紹介ページ

おすすめ 熱燗にしておいしい日本酒

● 大七純米生もと 1800ml(アマゾンで購入)

● 大七 純米生酛 1800ml(楽天市場で購入)

くどき上手 ばくれん

くどき上手(くどきじょうず ばくれん)の実力

「ばくれん」とは、あばずれのこと。蟹を持つ美人画が印象的。日本酒度は+20と、市販されている日本酒の中でも有数の辛口。旨口が看板の「くどき上手」にあっては異色だが、根強い人気を持つ日本酒。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★★
高 級 感 : ★★

辛口ながらかわいい奴 ばくれん

だらしない格好で酒を呷り、何故か渡り蟹を鷲掴みにする。このあばずれは超辛口。くどき上手にあっても近寄り難く、しかし、いざ手を出すと、いつまでもそばに置きたくなってしまう。いいお酒だ。

醸造元 亀の井酒造株式会社
分類 吟醸酒
酒米 美山錦
精米歩合 55%
酵母
アルコール度 18.3度
日本酒度 +20
酸度 1.0
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●ほのかな吟醸香。単なる端麗辛口と違い、旨みもあってキレが抜群。

● ばくれん 吟醸 超辛口 1800ml(アマゾンで購入)

● ばくれん 1800ml(楽天市場で購入)

特別純米酒 南部美人

南部美人(なんぶびじん)の実力

海外でも人気が高い南部美人の定番。インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017では最高賞のチャンピオンサケとなり、世界一の称号を手にした。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★

ほんものの美人 南部美人

普段着の日本酒ながら、多くの受賞歴を持つ美味い酒。高級感を醸し出すこともなく、それでいてどのような日本酒にもひけをとらない存在感。岩手の酒米「ぎんおとめ」を使う、辛口の特別純米。これぞ本物の美人酒!

醸造元 株式会社南部美人
分類 特別純米酒
酒米 ぎんおとめ他
精米歩合 55%
酵母 M310 9号系酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +4
酸度 1.5
アミノ酸度

受賞歴

●インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2017 チャンピオンサケ及び純米酒トロフィー
●全米日本酒歓評会 2016 金賞
●インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2016 銀メダル
●全米日本酒歓評会 2013 金賞

テイスティング

●爽やかな吟醸香。口に含むと花の香が広がり、酸味と旨みがバランスよく舌の上を転がって、スッとキレていく。
●ふわっとやさしい果実の香りと上品な米の旨みで後味すっきり。幅広い料理に合う究極の食中酒を目指して造ったお酒です。(南部美人ホームページ)

● 南部美人 特別純米酒(アマゾンで購入)

● 特別純米酒 南部美人 1800ml(楽天市場で購入)

刈穂 純米吟醸 六舟

刈穂(かりほ ろくしゅう)の実力

硬水を使って仕込み、酒蔵の六つの酒槽で搾った刈穂の純米吟醸。全国的な評価を得つつある刈穂のスタンダード。

稀 少 感 : ★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★

秋田の名酒 刈穂の定番酒

秋田の日本酒と言えば、濃醇旨口の日本酒をイメージしてしまうが、刈穂の純米吟醸は端麗辛口。しかし、新潟の端麗辛口とも一味違う、滑らかな旨みを持ち合わせる。

醸造元 刈穂酒造株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 美山錦
精米歩合 55%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +3
酸度 1.5
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●かすかな米の香。きれいな酸を包み込むように旨みが広がって行く。キレも良い。
●小規模仕込みで丁寧に醸造した純米吟醸です。上槽後瓶詰め、瓶火入れを行い、フレッシュな香味ときめ細やかな味わいを保持して出荷いたします。(刈穂酒造ホームページ)

● 刈穂 純米吟醸 六舟(楽天市場で購入)

越乃寒梅 白ラベル

越乃寒梅(こしのかんばい しろらべる)の実力

昭和の時代、幻の酒として一世風靡した酒。かつては入手困難であったが、今では「究極の食中酒」として、常備する居酒屋も見かけるようになった。越乃寒梅と言えば「白ラベル」。キレがよく「尻ピンの酒」と呼ばれる。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

尻ピンの酒 越乃寒梅白ラベル

世評に押されて飲んだ昔は、まだ酒の味もよくわからなかった。一級酒とか二級酒とか、すでに階級分けされた中で、ラベルを確認して評価しなければならないような風潮があった。今は自由だ。特定名称でおおよそのランク分けがなされるとは言え、それは決して階級ではない。かつての栄光を「普通酒」として留める越乃寒梅に、以前ほどの知名度はなくなったとは言え、やはり唸り声を上げずにはいられない。いくら飲んでも飲み飽きしない日本酒だ。

醸造元 石本酒造株式会社
分類 普通酒
酒米 五百万石 こしいぶき 兵庫北錦
精米歩合 59%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +6
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●かすかに米が香りたち、口に含むと水のように舌の上にきれいに広がって行く。喉ごしも爽やかでキレが良い。
●目指すところは、「晩酌のお酒だからこそ『料理に寄り添い』『飽きずに楽しく飲め』『次の日に残らない』お酒」であること。普通酒と言えども、米を磨き吟醸造りの技術を基本に、低温で長期間じっくりと発酵させて丁寧に仕込んでおり、最も身近で飲み応えのあるお酒です。力強く抜群のキレ味から、常連のファンからは「尻ピンのお酒」とも呼ばれています。(石本酒造ホームページ)

紹介ページ

お歳暮に贈ってうれしい日本酒

● 越乃寒梅 普通酒 白ラベル 1800ml(アマゾンで購入)

● 越乃寒梅 普通酒 白ラベル 1800ml(楽天市場で購入)

花陽浴 純米大吟醸 山田錦

花陽浴(はなあび)の実力

数年前からメディアなどでの露出が増え、入手困難となった花陽浴。「純米大吟醸 山田錦」は、一躍全国区となった花陽浴の最高峰。市場ではプレミアがついて取引されている。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

超絶的な甘みを持つ日本酒 花陽浴

花の蜜をすすっているかのような感覚。ホームページを開けば「太陽の陽ざしをたくさん浴びて大輪の花を咲かそう!飲む人も造る人も、みんなの花が咲きますように!」とあるが、まさに笑顔が咲く日本酒。こんな甘さは初体験!

醸造元 南陽醸造株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 40%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●まさに花の香。パイナップルのような甘みが舌の上に広がり、それでいてキレもいい。開封後2日ほど寝かして飲むと、さらに風味が増す。

▶ 花陽浴

十四代 本丸 秘伝玉返し

十四代本丸(じゅうよんだい ほんまる)の実力

芳醇旨口ブームを切り開いた十四代伝説は、この「本丸」が切り開いた。自社焼酎を加えて風味豊かにする「秘伝玉返し」。このしっかりとした「本丸」が、プレミアム日本酒を代表する十四代を支える。

稀 少 感 : ★★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

芳醇旨口を代表する日本酒

特別本醸造でありながら、吟醸酒にも劣らない芳香。十四代のラインナップの中では最安値であるが、市場に出るとプレミアムが付き、驚きの高値で取引される。それでも一度は飲まねばならないのが、この「十四代 本丸」。1990年代、端麗辛口の世を切り裂いた実力は、今でも不変。

醸造元 高木酒造株式会社
分類 特別本醸造
酒米 五百万石
精米歩合 60%
酵母
アルコール度 15度
日本酒度 +2
酸度 1.2
アミノ酸度

受賞歴

テイスティング

●上立香は、洋ナシのような吟醸香。芳醇な甘みがやさしく広がり、なおかつキレが良い。

● 十四代 本丸 秘伝玉返し 1.8L(アマゾンで購入)

● 十四代 本丸 秘伝玉返し 1800ml(楽天市場で購入)

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分

獺祭磨き三割九分(だっさい みがきさんわりきゅうぶ)の実力

人気ナンバーワンを誇る獺祭の定番。より上級の純米大吟醸もいいが、「獺祭三割九分から」と言われる程の、日本酒ファンには避けては通れない酒。酒米の王とも目される山田錦を、39%まで削って醸造される。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★★★
高 級 感 : ★★★

業界に革命を起こした獺祭のスタンダード

純米大吟醸酒の生産量は全国一となった今でも、獺祭人気は衰えを知らない。「磨き三割九分」は、獺祭のラインナップの中では中位ランクだが、決して上位ランクのものに引けを取らない吟醸香や味覚に圧倒される。そして、徹底した管理により、安定した品質の酒が頂けることも嬉しい。

醸造元 旭酒造株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 山田錦
精米歩合 39%
酵母
アルコール度 16度
日本酒度 +6
酸度 1.1
アミノ酸度

受賞歴

●全米日本酒歓評会2013 金メダル

テイスティング

●上立香は、メロンのような吟醸香。舌の上に広がる甘味が印象的。
●華やかな上立ち香と口に含んだときに見せる蜂蜜のようなきれいな甘み。飲み込んだ後の長い余韻。これぞ純米大吟醸。(旭酒造ホームページ)

真澄 山廃 純米大吟醸 七號

真澄七號(ますみ ななごう)の実力

真澄と言えば全国に知れ渡る名酒。その真澄で評価が高いのは、最上級品と言われ、鑑評会にも出品される「大吟醸 夢殿」。しかし真澄を知るなら、真澄の名をを全国に轟かせた7号酵母の名を冠するこの日本酒がいい。協会7号酵母発祥蔵として全国に知れ渡る宮坂醸造の純米大吟醸酒の中で、唯一山廃造りとなっている。

稀 少 感 : ★★★
著 名 感 : ★★★
高 級 感 : ★★★

七号酵母発祥蔵 渾身の日本酒

オレンジのような香りとも評される7号酵母。銘柄をその酒質に呈して、きれいに澄み渡っている。幸運の数字を掲げた酒は、心地よい酔いを誘い、いい夢を見させてくれる。

醸造元 宮坂醸造株式会社
分類 純米大吟醸酒
酒米 長野県産美山錦
精米歩合 45%
酵母 7号系
アルコール度 16度
日本酒度 -1
酸度 2.0
アミノ酸度

受賞歴

●インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2015 銀メダル

テイスティング

●上立香は、リンゴのような吟醸香。爽やかな酸味が心地よく尾を引く。
●自然で穏やかな芳香とバランスのとれた味わい。バター、チーズなど乳製品を使ったもの、山菜、きのこなどの個性の強いものと。(宮坂醸造ホームページ)