「料理」カテゴリーアーカイブ

すき焼きに合う日本酒

すき焼きと合わせたい日本酒

日本酒文明開化の味がするすき焼き。1862年、横浜の伊勢熊が牛鍋屋として開業したのがはじまりと言われる。現在でも、横浜に1872年オープンした太田なわのれん、日本橋に1869年にオープンした伊勢重などが、当時の熱気のこもったすき焼きを提供している。

▶ 太田なわのれんへ徒歩5分のホテルリブマックス横浜関内
▶ 伊勢重に行くならアパホテル<小伝馬町駅前>が近い。歩いて数分。

梅錦 つうの酒

日本酒かつて地酒ブームを牽引した「梅錦」の人気の日本酒は、「特選街」でも取り上げられ絶大な人気を誇った。ほんのりとした旨みと甘みを持ち、すき焼きの旨みに対抗する。やはりつうならば、すき焼きはこの日本酒で食う。

▶ 梅錦 つうの酒

菊姫 鶴乃里

日本酒インターナショナル・ワイン・チャレンジ日本酒部門の、初代チャンピオン・サケとして知れ渡るこの酒は、山廃純米。熱燗にしても旨みが増す重厚さが魅力。すき焼きを前にすれば、この日本酒の甘みも増し、緻密な味わいを堪能することができる。

▶ 菊姫 鶴乃里

神戸ビーフのすき焼きを食べよう

神戸ビーフのすき焼きってどうよ!?有馬温泉 月光園 鴻朧館でそれを試すべし。周囲は絶景、しかも有馬温泉。そこで食べられる神戸ビーフのすき焼きは、変わり種鍋もあって、飽きることがない。一度は最高のすき焼きを食べてみたい。

おいしいすき焼き用ビーフを通販で購入

日本酒本来は、幕末から明治初頭にかけて関東で生まれたものを「牛鍋」、関西で生まれたものを「すき焼き」という。1869年に神戸の月下亭で生まれたすき焼きは、牛肉を鉄鍋の上で焼くものだったとのこと。いわば焼肉・・・

▶ 楽天市場の神戸ビーフ
▶ 楽天市場の松坂牛

天ぷらに合う日本酒

海老天と合わせたい日本酒

日本酒江戸の三味のひとつ天ぷら。日本酒との相性も非常によく、ビールで天ぷらを食べるより断然食材の旨みが引き立つ。天ぷらに合わせる日本酒は、甘口・辛口問わず、それぞれに違った楽しみ方ができるし、天つゆや塩に合わせてチョイスするのも良い。

ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ

日本酒車海老養殖で知られる大分県の姫島近くで醸造される「ちえびじん」。一松模様に身を包んだこの純米大吟醸は、海老天と出会えばめでたさアップ。おりがらみの質感と発泡感が心地よく、甘口のタッチも天ぷらの甘みとうまくマッチする。

▶ ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ

越乃寒梅 普通酒 白ラベル

日本酒天ぷらを食べるなら、究極の食中酒とも言われる「越乃寒梅 普通酒 白ラベル」を。かつて幻の酒とも言われた日本酒は、いまでは値ごろ感もあるが、やっぱり美味い。天ぷら油にも負けない旨味とキレはさすが。これなら幾らでも食べられる。

▶ 越乃寒梅 普通酒 白ラベル

大七 生もと本醸造 辛口

日本酒脂っこい料理に威力を発揮する「大七 生もと本醸造 辛口」。すっきりした辛口ながら、生もと造りのしっかりした旨みが、天ぷら料理のしつこさをも打ち消してしまう。冷やからぬる燗まで、幅広い温度帯で楽しめることも特徴。

▶ 大七 生もと本醸造 辛口

天ぷらならやっぱり東京

やっぱりお江戸で天ぷら食べたい。東京スカイツリーを正面にとらえる浅草唯一の高層シティーホテル浅草ビューホテルなら、浅草寺にも近い。界隈には有名な天ぷらの「三定」など、名店も多い。夜には浅草ホッピー通りをぶらつくのも楽しい。

おいしい車海老を通販で購入

日本酒北海道南部まで、広範囲に生息域を持つ車海老。高級食材として知られ、6~8月が旬とされるが、養殖物は12月~2月に出荷が多い。明治38年には既に、天草で蓄養がはじまり、現在でも天草は車海老蓄養の本場として知られる。

▶ 楽天市場の天草産車海老 養殖が始まった天草産
▶ 楽天市場の山口市秋穂産車海老 もうひとつの養殖発祥地秋穂産
▶ 楽天市場の久米島産車海老 日本一の沖縄産

蕎麦にあう日本酒

もり蕎麦と合わせたい日本酒

日本酒蕎麦屋に日本酒がないということは、さび抜きの鮨のようなものだ。辛口の日本酒は、蕎麦の甘み、旨さをひきたててくれる。蕎麦の香が心地よい初冬・新蕎麦の季節は、かおりの穏やかな日本酒をチョイスして、しみじみとその美味さを噛みしめたい。

明鏡止水 純米 垂氷

日本酒蕎麦を食うなら蕎麦処・長野の銘酒を。全国にその名を知られる明鏡止水の「純米 垂氷」は、繊細かつ上品な甘味。キレもよく、燗にしても美味しいから、どのようなシーンにも対応できる、そばで楽しみたい一本だ。

▶ 明鏡止水 純米 垂氷

八海山 しぼりたて原酒 生酒 越後で候

日本酒蕎麦にはすっきり端麗辛口が良く合う。特に新潟の酒は相性がいい。この八海山は、新蕎麦の季節に限定販売される生酒。蕎麦の香味も損なうことなく、蕎麦の喉ごしをよくしてくれる。これさえあれば、蕎麦は何枚でも食べられる。

▶ 純米吟醸 八海山 しぼりたて原酒 越後で候

本場長野で蕎麦を食べよう

蕎麦を食べるなら長野へ行こう。渋温泉 ふる里の宿 天川荘なら、温泉で疲れを癒し、最高の手打ち蕎麦が食べられる。レトロな町並みも魅力の渋温泉なら、蕎麦をあてにした日本酒もまた美味い。

蕎麦を通販で購入

日本酒信州に発祥したと言われる蕎麦切り。今でも長野は全国一の蕎麦処。特に、10月下旬からの新蕎麦は美味い。他にも全国各地に蕎麦処は広がるが、三大蕎麦と言われるのは、長野の戸隠蕎麦、島根の出雲蕎麦、岩手のわんこ蕎麦。

▶ 楽天市場の信州蕎麦
▶ 楽天市場の戸隠蕎麦
▶ 楽天市場の出雲蕎麦
▶ 楽天市場のわんこ蕎麦
▶ 楽天市場の出石蕎麦

スルメにあう日本酒

スルメが美味くなる日本酒

日本酒肴はあぶったイカでいい♪と、酒にはスルメがお似合いだ。スルメは「寿留女」として、縁起物でもある。アタリメとも呼ばれ、古くから親しまれるスルメは、肝臓の働きを促すタウリンが豊富に含まれることでも知られている。

陸奥八仙 いさり火ラベル 特別純米

日本酒イカの水揚げ日本一で知られる八戸。近くにスルメイカの良い漁場があり、スルメも美味い。八戸の港近くに蔵を構える八戸酒造は、いさり火ラベルの銘酒を醸す。この日本酒は、深い味わいの辛口酒で、フランスで初めて開催された日本酒コンクール「KURA MASTER」純米部門では金賞に輝いた。イカ料理はもちろん、魚料理と合わせやすく、飲み飽きしない食中酒となっている。

▶ 陸奥八仙 いさり火ラベル 特別純米

漁火の見える八戸のリゾートホテル

イカをはじめ、海の幸が美味しい八戸シーガルビューホテル。目の前には、太平洋。窓からは漁火が。帰りには、八戸の海産物の魅力を発信し続けてきた八戸市営魚菜小売市場に立ち寄り、スルメをはじめとする八戸の海の幸に舌鼓を打ち、お土産を選びたい。

スルメを通販で購入

日本酒スルメの語源は、「墨群れ」だそうな。昔はイカ全般を指していたらしいが、今ではイカの干物を指す言葉に。スルメ需要の大きいのは、その名の通りスルメイカであるが、ヤリイカなどもスルメになる。

▶ 楽天市場のスルメ

カニ味噌にあう日本酒

カニ味噌が美味くなる日本酒

日本酒毛ガニやズワイガニのカニ味噌があれば、日本酒は欠かせない。カニ味噌を食べ終わったあとの蟹の甲羅に日本酒を注いで、甲羅酒として味わっても最高。生臭さを嫌う向きも多いが、しっかりと日本酒を選べば、その美味さが再発見できるはず。

生酛からくち 香住鶴

日本酒カニの本場、香住。香住で水揚げされるベニズワイガニは、香住ガニと呼ばれる。その香住ガニと相性ピッタリの地酒が、「生酛からくち 香住鶴」。dancyu で美味い燗酒として評価された実績がある。生酛の旨みと辛口の飲み口が、冷やだけでなく熱燗にしても美味いから、甲羅酒も十分楽しめる。

▶ 生酛からくち 香住鶴

カニを求めて日本海

どうせなら、松葉ガニ(山陰でとれるズワイガニ)を食べに旅行に出よう。兵庫県の日本海側にあるかにソムリエの宿 澄風荘(しょうふうそう)は、キャッチフレーズの通り、本場の松葉ガニを使って最高に楽しませてくれる。楽天の口コミでも非常に評判が高く、カニ好きならば間違いのない宿。香住鶴の酒蔵からも遠くない。

いろいろなカニ味噌を通販で購入

日本酒カニ味噌と言っても、カニの種類によっていろいろ。毛ガニが最も美味とされるが、献上蟹として知られる越前蟹に代表されるズワイガニも美味。その他、ワタリガニ(ガザミ)や上海蟹の蟹味噌も美味。

▶ 毛ガニのカニ味噌
▶ 松葉ガニ(ズワイガニ)のカニ味噌
▶ 越前ガニ(ズワイガニ)のカニ味噌
▶ ズワイガニのカニ味噌
▶ ワタリガニのカニ味噌
▶ 上海蟹のカニ味噌

チーズにあう日本酒

チーズが美味くなる日本酒

日本酒日本酒とチーズの相性はいい。どのような日本酒であっても、チーズをおいしく食べることはできるが、合わせるなら生もと、熟成酒あたりが王道か。フルーティーな香りを持つ吟醸酒も、また違った表情を見せていい。

大七 純米生酛

日本酒地酒大show2012秋「チーズ料理と合わせたい!地酒大show」総合プラチナ賞に輝き、「日本一美味い燗酒」に選出されたこともあるこの日本酒なら、チーズの魅力を最大限に引き出してくれる。冷やにしてもいいし、燗にしてもいい。様々な温度帯で味わえるから、チーズの表情も七変化。

▶ 大七 純米生酛

木戸泉 Afruge Macherie

日本酒雑誌「pen」の企画で、ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒として認知された日本酒。まるでワインのようなスタイルを持つこの日本酒は、純米酒。シェリー樽で熟成させたとあって、コクと独特の酸味が日本酒離れしている印象。ワイングラスに注いで、チーズを口に運びながらその風味を楽しみたい。

▶ 木戸泉 Afruge Macherie

紀土 純米大吟醸

日本酒若者に飲んでほしいという願いの込められた酒名「紀土」には、「kid」の添え字がつく。軽快な飲み口で人気となり、今や全国区の知名度を誇る名酒。この純米大吟醸は、そんな「紀土」の良さを存分に詰め込み、爽やかですっきりとした飲み口ながらも、濃厚なチーズによく合う日本酒となっている。

▶ 紀土 純米大吟醸

チーズを求めて北海道

チーズを求めるなら北海道・十勝。富良野にはチーズ工房もあって、十勝岳を眺めながら飲む日本酒は最高に美味い。長期の休みが取れたなら、楽天トラベルアワードにも輝くホテル ナトゥールヴァルト富良野に宿をとって、ゆっくりしたい。

いろいろなチーズを通販で購入

日本酒チーズの種類はいろいろあって大変。クリームチーズに代表される熟成させないフレッシュチーズ、チェダーチーズに代表されるフレッシュチーズの水分を抜いたセミハードチーズ、さらに水分を抜いて保存の効くエメンタールに代表されるハードチーズ、カマンベールチーズに代表される白カビのホワイトチーズ、ゴルゴンゾーラに代表される青カビのブルーチーズなどがある。それぞれに日本酒と合わせてみるのも面白い 。

▶ クリームチーズ(フレッシュチーズ)
▶ カッテージチーズ(フレッシュチーズ)
▶ モッツアレラチーズ(フレッシュチーズ)
▶ チェダーチーズ(セミハードチーズ)
▶ ゴーダチーズ(セミハードチーズ)
▶ エメンタール(ハードチーズ)
▶ コンテチーズ(ハードチーズ)
▶ カマンベールチーズ(ホワイトチーズ)
▶ ヌーシャテル(ホワイトチーズ)
▶ ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)

マグロの大トロにあう日本酒

マグロの刺身が美味くなる日本酒

マグロの大トロにあう日本酒江戸時代には捨てられていたともいう大トロだが、冷凍・冷蔵設備も流通システムも発達した現代では、うれしいことに美味しく食べられる。
大トロとは、知っての通り腹部の一番脂の乗ったところであるが、中トロに比べると頭に近い側にあり、僅かな量しかとれない希少部位。DHAやEPAを多く含み、ビタミン類も赤身より豊富なため、栄養的にも酒のつまみとして申し分ない。
しかし、酒のチョイスを間違えたなら、トロの脂分が酒とぶつかり合い、魚臭さが気になる…などということも。だから、マグロの大トロを食べるなら、まずは、魚臭さを消し去ってくれる酒。そして、その旨みに負けないしっかりした造りの日本酒を持ってこなければならない。そんな日本酒に出会えると、口に運んだ大トロが、深海に還っていくかのように緊張を解きほぐし、舌の上でとけていく。

マグロの大トロに相性がいい「大七 純米生酛」

マグロの大トロにあう日本酒「大七 純米生酛」と言えば、骨太の日本酒として知られている。昔ながらの生もと造りを極め、数々の賞を受けた日本酒通の間では名の通った酒。上品な吟醸香としっかりしたコクが特徴で、その力強い味わいが、大トロのしつこさにも負けることはない。
チーズ料理などとの相性の良さも注目されている酒だから、マグロの脂っこさが、まるで酸で溶かされるかのように、口の上で心地よく消えていく。熱燗にしても美味しい酒で、マグロの大トロを食べるなら、燗にした方がより大トロの食味を楽しめるかも。

▶ 大七 純米生酛

マグロを食べるなら三崎へ行こう

東京近郊でマグロと言えば三崎マグロ。どうせ食べるなら本場まで足を延ばして一泊しよう。これまでの窓口、京急「三崎口駅」も2017年10月から「三崎マグロ駅」になって迎えてくれる。そこからバスに乗って富士山も見える絶景の城ヶ島に向かえば、マグロ料理に定評がある城ヶ島京急ホテルがある。東京から散歩感覚で行ける最高のリフレッシュコース。

でもやっぱり大間へ行きたい

三崎マグロもいいけど、近海マグロを食べたいと言うなら、やっぱり大間へ行きたい。大間マグロは、いまや日本一の旨いマグロとして知れ渡っている。ここはちょっと遠いけど、休暇を取って青森に直行だ。大間の近くにある下風呂観光ホテル 三浦屋なら、ホンモノの大間マグロを食べさせてくれる。

暇がないなら大トロを通販で購入

日本酒本場で食べることが出来ないなら、通販で購入。大間マグロなら、とれたてを冷蔵で送ってもらうことも可能。熟成状況を見ながら食べることが出来るのも、通販で買った大トロの魅力。

▶ 大間マグロ 大トロ
▶ 三崎マグロ 大トロ
▶ 大トロ(楽天市場)