宮城県の日本酒記事

宮城県の地酒・日本酒を楽天市場で

▶ 浦霞
塩竈神社の御神酒酒屋という歴史を持ち、およそ300年の歴史を持つ酒造の酒には品格があると評判。1973年に発売した「浦霞 禅」は、第一次地酒ブームをつくった。
▶ 一ノ蔵
1977年、特級酒並みの酒を手軽な価格の2級酒で販売開始。当時存在した酒税法である級別制度に一石を投じた。現在でも、当時の旨さを伝える「無鑑査 本醸造」は人気。
▶ すず音
シャンパンと同じ瓶内発酵によって生まれた日本酒。アルコール度数の低いスパークリング日本酒として1998年に生まれて以来、発泡性日本酒の先頭に立ち、市場を切り開いてきた。
▶ 伯楽星
「荒城の月」の土井晩翠が愛でた蔵は、高級日本酒で知られる。伯楽星は、究極の食中酒を目指して2003年に発売した日本酒。伯楽が育てた名馬が天に昇ったという、地元の伝説に因んで命名。
▶ 黄金澤
日本最古の黄金の産地黄金山神社の沢の傍で酒を醸したことから、「黄金澤」と命名。全国新酒鑑評会で連続金賞記録を持つ杜氏蔵元が醸す。宮城県の酒蔵ユニット「DATE SEVEN」メンバーでもある。
▶ 勝山
1700年頃創業の仙台伊澤家勝山酒造は、仙台伊達家御用蔵であった。「勝山」はワンランク上の日本酒として認識され、中でも「献」は、食中酒の概念を変えていく日本酒として、SAKE COMPETITION においても素晴らしい成績を収めている。

▶ 宮城県の地酒が飲める宿


美味しい日本酒で生活に華を