広島県の地酒が飲める宿

泊まって美味しい広島県の地酒

広島県の地酒が飲める旅館軟水醸造法により躍進した広島の酒。灘、伏見と並ぶ酒どころ西条は、「酒都」とも呼ばれる。そこで造られるブランド酒「SAIJO SAKE」は、中小企業庁のJAPANブランド育成支援事業に、全国で最初に採択された日本酒である。また、広島県は酒造好適米の開発にも積極的で、有名な「八反錦」「千本錦」などを生み出している。
ブランドも、全国に知られたものが並び、「雨後の月」「華鳩」「賀茂金秀」など人気が高い。

蔵バーを備えた宮島の温泉旅館

安芸の宮島へは歩いて行ける距離。そこに、広島の地酒が充実した旅館がある。BAR「蔵VITTO]を併設していて、食事後にも、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で日本酒を楽しむことができる。

▶ ホテル宮島別荘