奈良県の地酒が飲める宿

泊まって美味しい奈良県の地酒

奈良県の地酒が飲める旅館酒造りの神が鎮座し杉玉の発祥地である大神神社や、国内最古の酒蔵が残る春日大社がある奈良県。平安時代にはすでに「菩提泉」という銘柄が知られている。現在では、油長酒造の風の森が全国的な人気を誇っており、大神神社の袂に佇む今西酒造のみむろ杉も人気である。

憬れの奈良ホテルには奈良の地酒が揃う

一度は泊まってみたい国内有数の格式あるホテル。奈良公園内にあり、奈良観光の拠点となるのはもちろんだが、ホテル自体が観光施設のよう。レストラン・バーも充実しており、日本料理「花菊」には、14の蔵元から地酒が勢ぞろい。日本酒党にも嬉しいホテル。

▶ 奈良ホテル

信貴山で静寂のひとときを日本酒とともに

創業110年という古い旅館は、ひとときの静寂を与えてくれる。社長は唎酒師というだけあって、日本酒のラインナップは凝っている。奈良ではの地酒をはじめ、オリジナル冷酒も。

▶ 柿本家