兵庫県の地酒が飲める宿

泊まって美味しい兵庫県の地酒

兵庫県の地酒が飲める旅館江戸時代、伊丹の酒は下り酒として一世を風靡した。その後、海運の都合から灘が栄え、宮水を使って醸された上質の日本酒は、「灘の生一本」として知られるようになった。現在でも、灘五郷と呼ばれる地域には白鶴酒造・大関など大手酒造が蔵を連ね、日本一の酒処となっている。

姫路のホテル日航のバーカウンターで日本酒を

最上階のバーラウンジからは姫路城も見ることのできる、姫路有数のホテル。カフェレストラン「セリーナ」のバーカウンターに行けば、播磨の地酒が揃っている。

▶ ホテル日航姫路

瀬戸内に浮かぶ小島で酔っぱらう

神戸から1時間30分の海上にある家島。そこにある割烹旅館で、豊富な海鮮料理をつつきながら地酒を飲もう。主人がチョイスした日本酒は、料理との相性バッチリ!

▶ 割烹旅館 志みず

淡路島の洲本温泉にある名物ホテル

朝日が美しく昇る海が見えるホテルは、近畿エリアの憩いの場所。地元の千年一酒造の日本酒を中心に、地酒も揃える。館内に、淡路島の料理と地酒が楽しめるBAR&ラウンジがあるのも嬉しい。

▶ 洲本温泉 ホテルニューアワジ <淡路島>

メリケン波止場に佇み日本酒を

目の前に広がるメリケン波止場。神戸の夜を満喫しながら、日本一の酒処で日本酒を飲みたい。ホテルには展望大浴場もある。

▶ 神戸みなと温泉 蓮

猪名川の高原ロッジに日本酒あり

地酒の飲み比べセットもある高原ロッジ。大阪から車で1時間という場所にありながら、大自然に取り囲まれ、素晴らしい温泉がある場所。

▶ 高原ロッジ・メープル猪名川