新潟県の地酒が飲める宿

泊まって美味しい新潟県の地酒

新潟県の地酒が飲める旅館地酒王国として知れ渡る新潟県。五百万石を用いた端麗辛口の日本酒は、その新潟県を代表するものである。三大杜氏のひとつである越後杜氏の出身地としても知られ、大学で全国初の日本酒口座が開講されるなど、日本酒熱も熱い。代表的な銘柄として、幻の酒として一世風靡した越乃寒梅の他、久保田八海山など、日本酒を代表するような銘柄が並ぶ。

日本酒を知る旅 酒匠のいる松之山温泉へ

十日町のやや不便な場所に宿はあるが、日本酒好きなら行く価値あり。酒匠・利き酒師の資格を持つ4代目が、最高の酒をセレクトしてくれる。地酒王国新潟の酒をはじめ、ホンモノの日本酒を知るために、ぜひ訪れたい旅館。料理も、ソムリエ資格を持つ4代目の監修だから文句なし。

▶ 松之山温泉 酒の宿 玉城屋

ちょっと風変わりな妙高市にある居酒屋民宿

着飾らない宿で、こころゆくまで新潟の地酒を楽しめる。中心は、かくれた名酒「かたふね」。その他にも日本酒ファンを唸らせる銘酒がそろう。あては、日本海の海の幸。隣席の客ともすぐに打解け合える。酒旅をするなら、こういう宿で飲む酒が一番こころに残る。

▶ 居酒屋民宿 富士美荘

雲母温泉で新潟清酒達人セレクトの地酒を

新潟には、新潟清酒達人検定「金の達人」という認定制度がある。その認定を受けた達人がセレクトした日本酒が、月替わりで登場する。地元関川村の美味しいコシヒカリをはじめ、地元の食材にこだわった美味しい料理をいただきながら、最高に美味しい日本酒を堪能できる旅館。

▶ 雲母温泉 かくれ里 清流荘

翡翠の里で糸魚川の地酒を堪能

翡翠の産地として知られる新潟県西部は姫川沿いにある、料理良し、温泉良しの好評旅館。囲炉裏付き和室があったりなど、落ち着いた和の雰囲気を満喫できる。日本酒は、「謙信」など糸魚川の地酒5種を中心にそろえ、飲み比べができる。

▶ 姫川温泉 ホテル国富翠泉閣

佐渡の地酒を堪能するなら

北雪など、レベルの高い地酒がある佐渡島。そんな佐渡の銘酒をそろえる宿がここ。もちろん、地酒だけでなく、料理もグッド。日本海でとれる海の幸を中心に、どれも日本酒との相性がいい。窓には海が広がり、解放された気分にさせてくれる。

▶ 大佐渡温泉 ホテル大佐渡 <佐渡島>

鵜の浜温泉 酒蔵とタッグを組んだプランもある

日本酒検定で優秀と認められたスペシャリストが、豊富な新潟の地酒の中からスペシャルを厳選。酒蔵と料理長がタッグを組んで生まれたメニューも存在する。

▶ 鵜の浜温泉 ロイヤルホテル小林

御神楽温泉で手造りどぶろくを

主人手造りのどぶろくと、宿自慢の十割蕎麦。新潟に名酒数あれど、どうせ旅をするならちょっと変わった体験をするのもいい。ブナ林の新鮮な空気を吸いながら、原始を想う酒とひととき。

▶ 御神楽温泉 ブナの宿 小会瀬

月岡温泉で静かにお酒を

新潟市からのアクセスも悪くない月岡温泉に、落ち着いた雰囲気の格調高い宿がある。はしゃぐことのない静かな旅をしたいなら、こんな旅館で一杯飲んで眠りにつくのもよい。もちろん、新潟の地酒を上手くそろえている。

▶ 月岡温泉 割烹の宿 いま井 五十嵐邸 結

長岡に泊まるなら長岡随一のホテルへ

地域ナンバーワンのバーを併設するホテル。そのバーにはもちろん、新潟の地酒だって置いてある。上越新幹線も止まる長岡駅の正面という好立地もあって、新潟の地酒を堪能するには文句なしの上級ホテル。

▶ ホテルニューオータニ長岡

奥湯沢の眼の温泉で新潟の地酒を

落ち着いた緑に囲まれた温泉は雰囲気もいい。眼に効くと言われる温泉にずらりと揃う地酒で酒修行すれば、きっと酒の目利きになれることだろう。最寄りとなる越後湯沢駅には、ぽんしゅ館もある。

▶ 眼の温泉 奥湯沢 貝掛温泉

八海醸造にも近い六日町温泉

八海山や鶴齢など、多くの地酒を取りそろえており、温泉も食事も申し分なし。銘酒「八海山」が生まれる「魚沼の里」へも、車で約20分。

▶ 六日町温泉 いろりあん