東京都の地酒が飲める宿

泊まって美味しい東京都の地酒

東京都の地酒が飲める旅館全国の地酒が集結する日本の首都。広重に描かれたり時代劇に取り上げられたりする白酒の元祖として有名な豊島屋は、東京最古の企業として、現在も人気の日本酒屋守などを醸す。2016年には小山酒造の「東京盛」が復活して話題をさらったが2018年には清酒製造事業から撤退し、現在では2016年に復活した東京港醸造が江戸開城を23区唯一の酒蔵として醸造している。

新宿の日本酒バーのあるホテル

本館2階にある日本酒バー「天乃川」では、落ち着いた雰囲気で全国の日本酒を堪能できる。日本酒バーというだけあって、超高級日本酒から秘蔵日本酒まで、品ぞろえはピカイチ。もちろん、東京の地酒・豊島屋本店の「金婚」もある。

▶ 京王プラザホテル

池袋で唎き酒師の選んだ日本酒を

「日本料理 花むさし」では、季節ごとに唎き酒師の厳選した日本酒が10種準備されている。そのラインナップは、人気銘柄を含め日本酒ファンを唸らせるもの。提供スタイルも、少量づつ飲み比べできるように工夫されていてありがたい。

▶ ホテルメトロポリタン

虎ノ門の御三家とされる名門ホテルで日本酒を

一度は泊まりたいホテルオークラ東京。「和食・天ぷら 山里」には、全国の銘酒が揃う。注目は、名門ホテルならではの提供スタイル。冷やでも燗でも、日本酒ならではの楽しみ方を教えてくれる。

▶ ホテルオークラ東京