美人には日本酒がよく似合う

カクテルの時代は終わった

かつてのトレンディードラマは、女性をカクテルラウンジに押し込めていました。バーで色とりどりのお酒をついばむことが、男どもの求める女性と見られていたのです。
時代は変わりました。小汚いイメージしかなかった居酒屋が、和食の広がりとともに世界の憧れの的となり、ハイセンスな酒場と変貌を遂げました。それにつれ、若い女性が居酒屋を目指し、日本酒の美味しさに気付いています。そうなるともう、彼女たちは日本酒から離れられなくなってしまうのです。

スタイリッシュな飲酒文化

おすすめの日本酒外で飲む時、酒は味覚も大切ですが、スタイルこそが重視されます。だから、美しい照明に照らされる中、背の高い椅子にもたれておしゃれなグラスを手にできる、カクテルバーが選ばれるのです。そうして飲む酒は、ベースがたとえ安酒であっても、特別なもののように感じてしまいます。
日本酒は、その味覚の奥深さとバリエーションの多さに驚嘆の目が向けられ、現在ではスタイリッシュな酒として花開こうとしています。その素地は、太古から交流に酒が用いられてきた日本の文化に見ることができます。飲酒を集団で楽しむためにつくられてきた様々な道具が、夜の街ではクールに映るのです。何の変哲もないグラスでさえも、この文化圏に突入すれば、乾杯時に音を出す楽器と変わります。

女性を最高に美しくする酒

人間は道具を使うことで進化したと言いますが、女性は、道具を使うことで美しくなります。夜の酒場でひとり徳利を抱えた女性を、世の男どもは放っておけるでしょうか?
日本酒は、女性を美しく見せます。金色のドリンクが好まれた時代、その豪快にジョッキを掲げる姿に、いかなる美しさがあったでしょうか。たどり着く先は決まって、狂乱の暗闇だったはずです。
対して日本酒は、酔いやすいとも言われるものの、淑やかに楽しむことができる飲み物です。徳利を用いたなら、猪口に注ぎながら相手の気持ちを汲み取ることもできるのです。そうしたなら、自然に幸せな気持ちになって、顔をあげると相手がさらに美しく見えるでしょう。日本酒は、人間を美しくする酒です。

日本酒の力

このところの日本酒人気で、日本の女性は美人になりました。イケイケギャルの時代から、大和撫子の時代が再来。最近では、その日本酒に磨かれた女性の中から「ミス日本酒」が選ばれています。今年は、和服も似合う愛知代表の田中梨乃さんが選ばれました。むかしより、日本酒は美肌をつくると言います。美しい彼女たちを見れば、日本酒の力に納得です。

美人御用達

東洋美人 壱番纏

日本酒ランキング美人と名のつく日本酒がいくつかあります。今年世界一になった日本酒・サザンビューティーこと「南部美人」も美しかった。岩手の「南部美人」を東の美人とするなら、西の美人は山口の「東洋美人」かもしれません。
「東洋美人 壱番纏」は、日露首脳会談があった昨年、プーチン大統領にふるまわれ、いたくお気に入りとなった日本酒です。ラベルに描かれた一番のおしゃれを決め込んだ女性は、やや古風な感じがするものの、モダンな佇まい。透明感のある味わいに首ったけです。

▶ 東洋美人 壱番纏(楽天市場で購入する)